横長画面にドデカいサブディスプレイ!ThinkBook Plus Gen 3発表 すまほん!!

 Lenovoは、家電見本市であるCES 2022の期間中に17インチノートパソコンの「ThinkBook Plus Gen 3」を発表しました。

 ThinkBook Plus Gen 3は、21:10とノートパソコンにしては非常に横長なディスプレイを採用。一般的なノートパソコンではテンキーがある位置にタッチ操作やスタイラスペンに対応したサブディスプレイを備えている、非常にユニークな製品となっています。

右側を隠せば本当に普通のノートパソコンに見えます

 解像度は3K(3072×1440)のIPSでリフレッシュレートは120Hz。サブディスプレイはHD+(1280×800)でマルチタッチに対応し、本体背面にスタイラスペンの収納が可能。サブディスプレイには専用のランチャーが提供され、特定のアプリを素早く呼び出せるようです。

 CPUは型番は不明なものの、最高の構成で第12世代のIntel Core i7であるとしています。モバイル向け第12世代Core i7シリーズは最も性能が低い「Core i7-1250U」でも、高効率のPコアが2基に省エネのPコアが8コアで計10コアと、実際の使用感はともかくかなり底上げされている印象です。メモリとストレージはそれぞれ最大で32GBと2TBまで用意。

 ポートはUSB-A 3.2 Gen1が2ポート、USB Type-Cが2ポート、HDMIとイヤホンジャック。電源ボタンに指紋認証が内蔵されています。カメラはフルHDで顔認証にも対応。

 

 重量は2Kgを切っているとしており、17インチクラスのノートパソコンではさほど重い部類には入りません。本体色はグレーのみ。バッテリーは70Whrで、11時間の駆動を主張しています。販売日や価格などはまだ判明していませんが、少なくとも米国市場では販売するようです。

 個人的にはMacBook Proのようなキーボード左右に広いスペースがあるのが嫌い、言い換えればギッチギチに詰まっているほうが好きなので、このThinkBook Plus Gen 3にはそれだけでだいぶ惹かれます。続報に期待です。