夢潰えたBlackBerry 5G。OnwardMobility閉鎖、公式発表 すまほん!!

 OnwardMobilityが閉鎖を発表しました。これまで開発していた「物理キーボードを備えた安全なスマートフォン」を開発できなくなったとのこと。

 これはBlackBerryスマートフォン新機種のことを指します。OnwardMobilityはBlackBerryからライセンス提供を受けて、FIH Mobile(富智康)製造で5Gスマートフォンを2021年前半に投入予定でした。

 しかし2021年中には音沙汰がほとんどなく、2022年1月にはOnwardMobilityが「死んでいない」とプロジェクト継続を表明。しかし2今月始めにBlackBerryはモバイル特許ポートフォリオを6億ドルで売却。BlackBerry関連情報に精通した海外サイトCrackBerryの創設者であるKevin Michaluk氏は、この売却がOnwardMobilityへのライセンス提供を影響を与え、プロジェクトを中止させたと伝えています。

 やはり情報通り、プロジェクトが中止となっていたことが公式に確認された形となります。

 カナダの企業BlackBerry社(旧RIM)はQWERTYキーボード搭載のスマートフォンを長らくリリース。2016年の端末自社生産撤退後も、TCLからAndroid OS採用のBlackBerry Keyシリーズが出ていました。

 TCLのBlackBerry撤退後、名乗りを上げてくれていたのがOnwardMobilityでした。

 筆者も物理QWERTY端末の大ファンであるため、ただただ残念です。今ある端末を大切に使っていこうと思います。

こんな記事も読まれています

「死んでません、BlackBerry 5G出します」

磁石でスマホに装着!携帯ジンバルDJI OM4登場。

UQ mobile、本日よりeSIM開始!

ワイモバ、eSIM導入!背景に政府意向も?

ドコモがeスポーツ参入、PUBGやLoLのスマホ版の大会運営