SwitchライクなゲーミングUMPC「AYANEO NEXT/NEXT Pro」の予約販売がスタート すまほん!!

AYANEO NEXT

 株式会社ハイビームは、深センAYANEO社が開発するUMPC「AYANEO NEXT/NEXT Pro」の2機種の予約受付を2月25日から開始しました。クラウドファンディングサイト「Indiegogo」のほか、「AYANEO日本公式サイト」「Amazon」で予約が可能です。

 本機は、Ryzen搭載のポータブルゲーミングPCとして販売されている「AYANEO」シリーズの最新作です。先代である「AYANEO 2021 Pro」からの大きな変更点として、CPUが「Ryzen7 4800U(第3世代)」から「Ryzen7 5825U(第4世代)」になったことが挙げられます。これにより平均19%パフォーマンスが向上し、いわゆるAAAタイトルでも画質・速度にストレスを感じることなくプレイすることが可能になったとのこと。

 そのほか先代からの変更点をまとめると、下記の通り。

  • 筐体デザインを一新。流線型を採用することで、より快適な持ち心地を実現
  • コントローラー部を人間工学に基づいたデザインにすることでグリップ力向上
  • ジョイスティックやトリガーのセンサーに「ホールセンサー」を採用
  • ジョイスティックは好みのものに付け替え可能なモジュール設計
  • 電源ボタンに指紋認証機能を追加

 筐体部は、先代のカクカクとしたデザインから全面的に見直しがかかりました。質感に関しても、べビースキンのような優しい肌触りを実現しているとのこと。

 ジョイスティック部は、操作性を追求したい人にはありがたい付け替え可能な設計に。今後同社から色々なスティックが販売されるのでしょうか。

 また、UMPCとしては初めて「ホールセンサー」を採用し、カーソルが勝手に動いてしまう「ドリフト現象」の発生を0にしたとのこと。Nintendo Switchでも問題になってましたね。他社のどのコントローラーと比べても、遥かに高い入力精度を実現したとのこと。

AYANEO NEXT

 セキュリティ面で、電源ボタンに指紋認証が追加された点も高評価。電源ONと同時にロックを解除してすぐに遊び始めることができるのは、UMPCながらまさに「ゲーム機」といったところ。

AYANEO NEXT

 ちなみに「NEXT」と「NEXT Pro」の違いは、メモリとストレージ、カラバリのみ。メモリやストレージの選択は使用用途によるものとして、「Pro」のみのカラバリが気になるところ。ややくすみがかった色合いのブルーは、持っているだけで所有欲を満たしてくれそうです。当初通常の「NEXT」も4色展開でしたが、メーカー都合でホワイト・ブラックのみになってしまったとのこと。くすみブルー欲しさに「Pro」を手に取ってしまう方、少なからずいるのではないでしょうか。

AYANEO NEXT

NEXT Proは全5色。シンプルなシルバーも存在

 デザインの変更により、先代より若干大きく、かつ重くなってしまったたものの、それを感じさせない進化した持ち心地とパフォーマンスを期待したいところ。商品発送は4月下旬を予定しています。

 前機種「AYANEO 2021 Pro」とのスペック比較は以下の通り。

  AYANEO NEXT/NEXT PRO AYANEO 2021 Pro
CPU AMD Ryzen7 5825U AMD Ryzen7 4800U
GPU AMD Radeon Vega 8 AMD Radeon Graphics
メモリ 16GB/32GB LPDDR4x 4266MHz 16GB LPDDR4x 4266MHz
容量 1TB/2TB M.2 (NVMe) 2280 1TB M.2 (NVMe) 2280
画面 7インチLCD IPS/1280×800 7インチLCD IPS/1280×800
寸法 約267×112×30mm, 720g 約255×106×20mm, 650g
バッテリー 4,100mAh 4,100mAh
カラー ブライトホワイト,ジェットブラック,
パステルブルー,ミッドナイトブルー,シルバー
※ホワイト・ブラック以外はNext Pro限定
ライトムーン,ダークスター
その他 指紋認証、ホール効果センサー、Type-C PD(急速充電)対応、3.5mmイヤホンジャック Type-C PD(急速充電)対応、3.5mmイヤホンジャック