「クラウド版Windows」がWindows 11「内部機能」として利用可能に すまほん!!

 The Vergeが伝えるところによると、昨年Microsoftがリリースした「Windows 365 Cloud PC」の機能がWindows 11の内部の機能として利用できるようになるようです。

 従来はブラウザからアクセスすることで利用できるサービスでしたが、Windows 11の仮想デスクトップ機能からアクセスできるともなればローカルとのシームレスな切り替えなど、ユーザーエクスペリエンスの大幅な向上が期待できそうです。特にリモートワークを旧型のPCで行うといった使い方ができそうで、従来までのOSの違いによる互換性の問題の解消や経費の削減などに繋がるのではないでしょうか。

 The Vergeは具体的に、Windows 365をWindows 11に組み込むに際して3つの取り組みが成されていると伝えています。

 1つ目が「Windows 365 Boot」と呼ばれるPC起動時にローカルにインストールしたWindowsと別にWindiws 365にログインできる機能の実装です。これは複数のユーザーで共有するPCであったり、社員自前のPCで仕事をできるようにしたい企業に対して大きな効果があります。また特に前者に関して「個々のアカウントを持って様々なユーザーが自分専用のWindows 365にアクセスできるようになる」とMicrosoft 365の統括部長であるWangui McKelvey氏は述べているそうです。

 2つ目が「Windows 365 Switch」と呼ばれるその名から分かる通りローカルのWindows 11内でローカルのデスクトップとクラウドWindowsのデスクトップの切り替えをスムーズに行える機能です。これは「タスクビュー」で行え、これまで使えたキーボードショートカットとジェスチャーがそのまま利用できるそうです。

 そして3つ目がWindows 365をオフラインで利用できるようにすることです。これによってクラウドWindowsにアクセスできない環境であっても仕事を続行できます。これに関してもMcKelvey氏は「ネットワークに再接続したらローカルで動いていたクラウドWindows機能が自動的にWindows 365サーバーに接続してデータを同期し、オフラインであろうとオンラインであろうと変わらないユーザーエクスペリエンスとワークフローを保つことになる」と述べているそうです。

 以上のように、すなわちWindows 365はローカルのWindowsアプリのようなものとして動作するようになり、ブラウザを介することなくタスクバーなどから即座に呼び出せるものとなるようです。

 またWindowsとSurfaceのチーフであるPanos Panay氏によればこの新機能実装は「まさにWindowsとMicrosoft Cloudの統合の始まりだ」としているそうです。

 今後もローカルとクラウドの統合やその他のMicrosoftの取り組みに中で、どれほどWindowsが使いやすいものとなり、またどれほど大きな恩恵を我々が受けることができるようになるのか見ものですね。