ファーウェイ、折り目がほぼ見えない外折り「Mate Xs 2」発表。 すまほん!!

 中国ファーウェイは、2022年4月28日に、同社の折りたたみスマートフォンシリーズの新機種である「Mate Xs 2」を発表しました。

 「Mate Xs 2」では、先代のMate Xsと同じ外折り式を採用。リフレッシュレート最大120Hz駆動に対応する、折りたたみ時6.5型、展開時7.8型の有機ELディスプレイを搭載しています。

 画面部は、同社開発の4層構造ディスプレイによって耐久性が向上。M-Pen 2sスライタスにも対応しました。同じくスライタスペンによる書き込みに対応するGalaxy Z Fold3と違い外折り構造のため、折りたたみ時にもペンを利用した書き込みが可能。また、新しいヒンジ構造を採用したことにより、目に見える折り目が残らないと主張。

 カメラは3眼構成。リアカメラには、5000万画素の広角カメラと1300万画素超広角カメラ、最大3倍光学ズームと光学式手ぶれ補正に対応する800万画素望遠カメラを採用。インカメラは1070万画素のパンチホール式カメラとなっています。

 SoCには、米QualcommのSnapdragon 888 4Gを搭載。昨今のアメリカによる中国への輸出制限の影響で、5G通信には非対応。実行メモリは8/12GB、内蔵ストレージは256/512GBから選択可能で、バッテリーは最大4880mAh。最大66Wの急速充電にも対応します。

 「Mate Xs 2」は、中国国内で2022年5月6日から販売されます。価格は、最小構成が9999人民元(約19万6000円)、最大構成が12999元(約25万5000円)。現在のところ、中国以外の国での販売はアナウンスされていません。

 Mate Xがイギリスなどの国で販売されていることを踏まえると、「Mate Xs 2」も国外販売の可能性は十分に考えられます。ただ、現在のスマートフォン市場に出回る端末は、低価格帯を含めほとんどが5G通信に対応。5G対応端末を製造するのが難しいファーウェイは、今後も厳しい状況が続きそうです。

OS HarmonyOS 2
SoC Snapdragon 888 4G
メモリ 8/12GB
容量 256/512GB
画面 展開時:7.8型 (2480×2220)
折りたたみ時:6.5型(2480×1176)
カメラ 5000万画素(広角)
1300万画素(超広角)
800万画素(望遠)
インカメラ 1070万画素
電池 最大4880mAh
寸法 展開時:156.5 × 139.3 × 11.1mm, 255g
折りたたみ時:156.5 × 75.5 × 5.4mm, 255g
5G 非対応
その他 急速充電最大66W
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)