「Nubia Z40S Pro」正式発表。実行メモリ18GB/1TBストレージモデルも すまほん!!

 Nubiaは、自社の最新フラッグシップスマートフォン「Nubia Z40S Pro」を発表しました。この端末は、2022年2月に発表されたNubia Z40 Proのアップグレードモデルであり、外観や性能に変更が加えられたものとなります。

 本体のデザインは、先代と比較してカメラユニットが正方形に近い形状となり、縦の長さも若干短くなっているのが特徴。

 本体色は、マジックグリーン、ナイトシーの基本色に加え、中国で有名なアニメとのコラボレーションモデルの計3色を取り扱います。

 ディスプレイは、先代同様にリフレッシュレート最大144Hz駆動の6.67型有機ELディスプレイを搭載。上下左右のベゼルは、それぞれ約1mmであり、表示領域の広い狭額縁ディスプレイとなっています。

 カメラ部に関しては、メインカメラにF値1.65・6400万画素、光学式手ぶれ補正に対応したSony IMX787を採用。最大でフレームレート120fpsの4K動画を撮影可能です。また、広角カメラは5000万画素であり、被写体と2cmの距離でのマクロ撮影が可能。望遠カメラは、こちらも光学式手ぶれ補正に対応する、800万画素となっています。

 バッテリーに関しては、基本モデルは、最大80Wの急速充電に対応した5000mAhのバッテリーを搭載します。オプションとして、最大120Wの急速充電に対応したモデルも用意されており、バッテリー容量は4600mAhと若干減るものの、端末を約19分でフル充電可能。

 「Nubia Z40S Pro」は、すでに公式販売サイトにてオンライン先行販売が行われており、正式販売は2022年7月26日となります。

 本体価格は、実行メモリ、内蔵ストレージそれぞれ8GB/128GBの基本モデルが3400人民元(約6万8500円)、最大120Wの急速充電に対応した12GB/256GBのモデルが4300人民元(約8万7000円)、コラボレーションモデルが4700人民元(約9万5000円)から。

 また、スマートフォンでそんなスペック必要かと思うほどの、実行メモリ18GB、内蔵ストレージ1TBの増し増しモデルも、6700人民元(約13万5000円)で販売されます。

OS Android 12 (MyOS 12)
SoC Snapdragon 8+ Gen1
メモリ 8/12/18GB
ストレージ 128/256/512GB/1TB
画面 6.67型 (1080×2040) AMOLED
144Hzリフレッシュレート
カメラ 広角:6400万画素 Sony IMX787 
超広角:5000万画素
望遠:800万画素
インカメラ 1600万画素
電池 急速充電80Wモデル:5000mAh
急速充電120Wモデル:4600mAh
寸法 161.27 × 73.95 × 8.05 mm, 205g