ミリ波初対応のDimensity搭載、Motorola Edge (2022)発表。 すまほん!!

 モトローラは、Dimensity 1050を世界初搭載したMotorola Edge (2022)を発表しました。

パフォーマンス

 Motorola Edge (2022)はSoCにDimensity 1050を採用。同SoCは今年5月に発表され、MediaTek製SoCとして初めてミリ波(mmWave)に対応。6月発表で、同社携帯向けSoCでは最上位のDimensity 9000+でもミリ波には対応していません。

 ただし、Dimensity 1050は最大2.5GHzのCortex-A78×2と2.0GHzのCortex-A55×6のオクタコアで構成されているため、処理性能はさほど高くないことが見込まれます。メモリは最大8GB、ストレージは256GB。

ディスプレイ

 ディスプレイは6.6インチのOLED。解像度はFHD+(2400×1080)でアスペクトは20:9。リフレッシュレートは高速な144Hz、10億色の表示に対応します。画面占有率は91.32%で、このクラスのスマホにしては比較的優秀です。

カメラ

 カメラは3眼。5000万画素のOIS対応のメインカメラに1300万画素の超広角、200万画素の深度測定という構成です。カメラ周りのデザインは他のモトローラ製スマホと大きく変わりません。

 インカメラは3200万画素で、リアカメラと同時に録画することも可能。

充電周り

 バッテリーは5000mAh。最大2日の電池持ちをアピールするほか、最大30Wの有線充電に対応。

 また、15Wのワイヤレス充電と5Wのリバースワイヤレス充電に対応。イヤホンなど外部デバイスへの充電が行えます。

デザイン

 デザインはモトローラの他端末とあまり変わらず、丸みを帯びたカメラ周りとシンプルな背面が特徴。本体色はグレーのみ。

 下の画像はMotorola Edge 30ですが、目に見えてわかる違いがエッジ程度しか見当たりません。

機能面

 ステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmosをサポート。

 そのほか、eSIMとNano SIMのデュアルSIMに対応し、最新規格のWi-Fi 6Eに対応。NFCを搭載するなど、利便性も十分。

価格

 本体価格は499ドルで、7万円弱ほど。海外メディアはPixel 6aやGalaxy Aシリーズの上位モデルと競合するとしていますが、リフレッシュレートでは両者を抑えます。

スペック表

OS Android 12
SoC MediaTek Dimensity 1050
メモリ 8GB
容量 256GB
画面 6.6型 (2400×1080)
144Hz
カメラ 5000万+1300万超広角+200万深度
インカメラ 3200万画素
電池 5000mAh,30W
15Wワイヤレス充電
寸法 160.86×74.24×7.99mm,170g
その他 IP52,NFC,Wi-Fi 6E
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)