グーグルが「Pixel 7/7 Pro」正式発表。顔認証対応、第2世代Tensorチップ搭載 すまほん!!

 Googleは、2022年10月6に開催された新製品発表イベントにて、最新フラッグシップ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」を正式発表しました。

デザイン

 「Pixel 7」シリーズは、先代で大幅に刷新したデザインを受け継ぎ、背面にある大きく飛び出たカメラユニットが特徴。Pixel 6シリーズでは、カメラが全て黒色に統一されていたのに対し、「Pixel 7」シリーズにおいては土台にアクセントカラーが加わったアルミフレームが採用されており、よりカメラが目立つデザインになっています。

 本体カラーは、「Pixel 7」が、スノー・オブシディアン・レモングラス、「Pixel 7 Pro」は、スノー・オブシディアン・ヘーゼルのそれぞれ3色展開。

ディスプレイ

 「Pixel 7 Pro」は、リフレッシュレート最大120Hz駆動に対応した、解像度QHD+の6.7型LTPO OLEDディスプレイを、「Pixel 7」は、リフレッシュレート駆動最大90Hz、解像度FHD+の6.3型OLEDディスプレイをそれぞれ搭載します。

 両端末ともに画面内指紋認証センサーを備えるほか、「Pixel 7 Pro」においては、ピーク輝度が20%上昇。保護ガラスには、米コーニング社製Gorila Glass Victusを採用し、耐久性もバッチリです。

カメラ

 「Pixel 7 Pro」の望遠カメラは、4800万画素で光学5倍、なお撮像素子のサイズは1/2型から1/2.55型に小さくなってしまっています。このほか、「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」共通して、5000万画素のメインカメラ、1200万画素の超広角カメラを搭載。

 AIを用いた強力な手ブレ修正機能も備えます。

 インカメラは、両端末ともに1080万画素と、先代と比較して画素数が向上。その結果、正式に顔認証がサポートされるようになりました。Pixel 6シリーズにおいては画面内指紋認証がかなりイマイチだったことを踏まえると、ユーザーにとってかなりありがたい機能追加となります。

スペック

 「Pixel 7」シリーズには、Samsung協力のもと開発された、第2世代の独自「Tensor G2」チップを採用。Samsungの4nmプロセスで製造され、Googleによると、初代Tensorチップと比較して、電力効率は20%、機械学習における性能も60%向上しているとのこと。

 そのほか、「Pixel 7 Pro」は、12GBの実行メモリを搭載し、内蔵ストレージは、日本においては、128GBまたは256GBから選択可能。「Pixel 7」は、実行メモリ8GBであり、内蔵ストレージは同様に128GBまたは256GBとなっています。スペック表は以下の通り。

  Google Pixel 7 Pro Google Pixel 7
OS Android 13
SoC Google Tensor G2
メモリ 12GB 8GB
容量 128/256GB
画面 6.7型 (1440×3120) 6.3型 (1080×2400)
カメラ 広角:5000万画素
超広角:1200万画素
望遠:4800万画素
広角:5000万画素
超広角:1200万画素
インカメラ 1080万画素(顔認証対応)
電池 5000mAh 4355mAh
寸法 162.9 × 75.9 × 8.9mm, 212g 154.9 × 74.8 × 8.7mm, 197g

発売日・価格

 「Pixel 7」シリーズは、すでにGoogle公式オンラインストアにて予約受付を開始しており、2022年10月13日から順次発送します。本体価格は、「Pixel 7 Pro」の内蔵ストレージ128GBモデルが12万4300円から、「Pixel 7」の内蔵ストレージ128GBモデルが8万2500円から。