楽天モバイル郵便局店を大幅削減、280店舗→80店舗へ。ショップ「大量閉店」情報への見解は? すまほん!!

 楽天モバイルは、楽天モバイル郵便局店の削減を発表しました。約280店舗中、合計約200店舗を2023年4月末までに閉店する予定。約80店舗程度を残す予定。

 楽天モバイルは、2021年6月より開店してきた楽天モバイル郵便局店によって1年半にわたり様々な取り組みを実施し、楽天モバイルの認知度向上を図ることが出来たといいます。

 楽天モバイル郵便局店は、郵便局内に設ける楽天モバイルショップのこと。楽天モバイルショップ店員(R CREW)も基本的に常駐するもの。実機展示のある店舗を残すような形とのこと。

 ちなみに楽天モバイルは、郵便局に限らず、全国に楽天モバイルショップを出していますが、経営悪化からこれを大量閉店させているとの口コミや報道も目に付きます。

 これについて楽天モバイル広報部に取材したところ、とくに閉店方針を出しているわけではなくあくまで実績によって判断しており、新店舗も出しているとの反論。

 なお、今後は郵便局2万局にオンライン契約の紹介を含めたサービス案内のチラシを設置するなど、来局者の特性に合わせた対応体制を整えていくと述べています。

 チラシ以外の新しい取り組みの有無については、楽天モバイル広報部によれば現時点で日本郵便と調整できているものはないとしつつ、これまでの取り組みでリレーションを築けておりサービスのことも理解してもらっているためチラシは効果が高いものだといいます。

2023年1月20日17時25分訂正:初出時、楽天モバイル郵便局内の店舗形態について誤った認識のある箇所がありましたので削除しました。お詫びして訂正いたします。