痛PS Vitaを作ってみた(試作編)


Vitaが痛くできるという一報を聞き、早速試作してみました。

作る工程は過去に痛iPhoneを作った経験をそのまま使いました。今回のPS Vitaはレイヤーが多く、画面部分もあるのでiPhoneの時より苦戦しました。Photoshopを使用し、とりあえずコピー用紙に印刷してみる。

特に問題ないので試作用として愛用している光沢用紙を使用しました。


VitaがでっかいのでA4を使用しました。iPhoneだったらL判に収まるのに・・・


光沢用紙に印刷完了。あとは地道にカッターナイフなど使用して細かく切っていきます。


とりあえず余白を切り落とす。


グレーの邪魔な部分をカット


反対側も同様にカット。

ボタン部分は円形に切り取れるカッターを使用するとやりやすかったです。
OLFA コンパスカッター 57B
OLFA コンパスカッター 57B
ボタン、スティック部分を切り抜いたら後は画面を切り抜くだけです。


切り抜いて予め用意しておいた画像をVitaにセットすれば・・・


痛PS Vitaの完成です。この角度から見るととても見栄えがよく見えますが、実際はミスを大量に・・・

ボタン部分が雑になったり・・・

画面の縁が綺麗に切れなかったり・・・

雑になってしまいましたが試作なのでまた作ろうと思います。

お金に余裕があればシール状にして貼りつけて使用したいところですが余裕がないので試作で終わるかもしれません。あとこれをクリアケースに挟み使用するという考えもありますが・・・金銭的に難しい所です。また時間があれば後日作り方を動画形式にて詳しく説明したいと思っています。

時間に余裕のある方などはぜひ作ってみてはどうでしょうか。意外と簡単にできるものです。

※カメラ、スピーカー部分の穴が空いてないのは仕様です。
PlayStation Vita用 クリスタルケース 【日本製】 PlayStation オフィシャルライセンス商品
PlayStation Vita用 クリスタルケース 【日本製】 PlayStation オフィシャルライセンス商品