iPadの裏で… ドコモ、破格の「1円タブレット投げ売り」祭が進行していた!

 ドコモのタブレットが機種変更で1円!

 ヘビーなガジェッターたちが「新しいiPad」を買うために行列を作っていた、前夜祭の3月15日、それは起きた。

 docomoのオンラインショップが一部機種の価格変更を発表。そこには破格の安さの機種が存在していた。

 Tegra 2を搭載した8.9インチのAndroidタブレット、それがOptimus Pad。驚くべきことに、機種変更でわずか4200円で購入可能となっていたのだ。まさに破格。15日の昼にはあっという間にオンラインショップの在庫が無くなるほどであった。信じられない在庫一掃セールだった。

 確かに、多くの店頭ではXi対応のタブレットやSONYのタブレットばかりが目立つ。Tegra2で見劣りしないとは言え、今や残っているようなOptimus Padは不良在庫だろう。

 追い打ちをかけるかのように、3月15日、名駅ビックカメラでもセールが開始された。その内容は、驚くべきことに「Optimus Pad 機種変更 一括1円」であった。

 あまりの安さにあっという間に在庫が尽き、筆者がビックカメラに到着した頃には、全て狩りとられている状況であった。

 マジかよ!と筆者がしょぼくれているところ、他の客のL-06C契約のキャンセルが発生。そのため、最後のひとつの在庫分が、急遽回ってきたのだ。

 というわけで、無事に一括1円でOptimus Padをゲット。たったの1円である。筆者はデータ契約の回線をひとつ保持していたため、2年契約の回線も、料金プランも、事務手数料の発生も全くなく、機種変更で本当に1円で、Tegra2のタブレットを買うことができてしまったのだ!

 喜んでいたのもつかの間。なかなか起動しなかったり(完全放電?)、リセットボタンをつまようじで突っついてやっとこさ起動したと思ったら、Adobe Flashプレイヤーがインストールできない不具合が発生。仕方なく初期化を試みることに。

 初期化後、環境構築していると、アップデートがあるのでリセットしろとの通知。画面の指示に従ってリセット。さて、環境構築に戻ろうかという時に、今度は別の文言で再びアップデートのためのリセットを促される。そういう謎仕様なのか、単純にアップデートがたまっていたのか…

 なんとかFlashはインストールできたものの、肝心のブラウザのレンダリングもぎこちなかったり、ところどころ挙動が怪しいので、すぐに触らなくなっちゃいました。

 安いには安いなりの理由があるのね、残念… オドロキマス、オプティマス!

 ※同じLGでもOptimus Xとかは結構悪くないんですけどね…