HTC、発売している全てのDesireHDのAndroid4.0 (Sense 3.6)アップデートを断念

 HTCは、発売している全てのDesireHDのAndroid 4.0 (Sense3.6)アップデートを断念しました。

 

 これは、HTCの公式Blogに記載があったAndroid 4.0アップデート機についてに記載されたページの追記で、DesireHDの部分に横線が入り、アップデートの中断について弁明がされていた事により判明しました。

 記載内容を記述すると、

「色々なテストを行った結果、現状のAndroidバージョン、SenseバージョンがDesireHDの最適なユーザー体験を提供できると判断しました。」

と記載があります。

 

 

 海外のDesireHDは現在「Android 2.3.5 / Sense 3.0」をアップデートで適応済みであり、これは同じようにAndroid 4.0提供予定(済)のSensation XL / Desire S / Incredible Sにも同じように提供されていました。

 世界で発売されているそれぞれの機種を見ると、DesireHD以外は既に「Android 4.0 / Sense 3.6」を提供済みであり、発売時期はDesireHDが一番早期に発売されましたが、ハードウェアは上記で記載した三機種とDesire HDは搭載チップセット、RAM等はほぼ同様の物となっています。

 そのように見ると、DesireHDはアップデートを行うために必要なハードウェア等の条件は満たしている為、アップデート断念は何か他の要因も考えられそうですね。

 

 

 一方日本で発売されている、DesireHD(001HT)を見ると、上記にあるHTCの弁明で記載があった、「現状のAndroidバージョン、Senseバージョン」は「Android 2.3.5 / Sense 3.0」の事を恐らく指しており、日本で発売されたDesireHDを見ると、「Android 2.3.3 / Sense 2.1」でアップデートが止まってしまっています。

 それを考えると、日本で発売されているDesireHDは最適のユーザー体験を提供できているとは考えられません。

 

 HTCには、もう少し詳しくDesireHDのアップデート断念についてと、日本で発売しているDesireHDの現状をどう考えるのか回答が欲しいですね。

 

Source : HTC

HTC速報関連記事 : HTC、Desire HDのAndroid 4.0 (ICS)のアップデートを断念