早くも出回り始めた「nanoSIMアダプター」を早速買ってみました。 すまほん!!

 もうiPhone5を見据えた製品が出回っています。

 「nanoSIMカードアダプター」なる製品が売られていたので、早速購入してみました。

 大須デラスマにてお値段は980円でした。

 早速開封してみます。

 参考程度にiPhone4/4Sで採用されてきたmicroSIM、通称「黒シム」を並べてみました。nanoSIMは相当小さいということがわかります。

 nanoSIMを、microSIMとして使うアダプター、通常SIMとして使うアダプター、そしてmicroSIMを通常SIMとして使うアダプター、計3つが入っていました。

 アダプターとは逆のお話。従来のSIMカードを、nanoSIMサイズにカットして、iPhone5で使うという芸当は、できないとされています。カットしたSIMを弾く仕組みが、何らかの形でiPhone5に備わっているものと思われます。

 しかし、SoftBankのiPhone自体にはSIMロックが掛かっているものの、iPhoneの「黒シム」に関しては、黒シムが機種を弾く、といったような制限はありませんでした。W-CDMAのSIMフリー機に挿せば、原理上は認識します。

 つまりiPhone5のみならず、他のSIMフリー機でも、黒いnanoSIMは、アダプターさえあれば動作する可能性が高い、ということです。そういう意味では、用途が多いSB iPhone5の黒いnanoSIMは、利用価値が高まるのかな、と。

 また、auのiPhone5用のnanoSIMカードを、これまでのauのSIMロックフリー機に挿して使う、ということもできるのではないでしょうか。iPhone5を買われる方は、アダプターを用意しておいて損はないかもしれません。

 因みに、Amazonでは680円で販売されているようです。

Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード
Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

こんな記事も読まれています

povo、eSIMを3月23日から提供開始。ただしauから移行は「夏以降」

iOS15発表。2015年発売のiPhone 6sもアプデ対象に

携帯4社、iPhone 12/mini紫の予約受付を開始

噂:これマジ?iPhone SE 3はiPhone XRベースで「側面指紋認証」搭載か!?

国内事業者初の「5G国際ローミング」、ソフトバンクが開始