【年末企画】スマートフォン行く年・来る年

 今日は大晦日、今年一年はいかがお過ごしでしたでしょうか?大晦日ということで、年末の特別企画「スマートフォン行く年・来る年」を行います。

 今回の企画はすまほん!!のライター陣に、以下の4つの質問に答えてもらい、今年一年のスマホ事情を振り返ってもらい、来年の市場を予測してもらいました。

  1. 今年のベストな端末は何?
  2. 今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?
  3. 2013年に期待したいメーカーはどこ?
  4. 大胆予測!2013年のスマホはこうなる!
 今回文章を寄せた8名!! アイコンをクリックすると、ライターの文章にジャンプできます。(急な企画でしたので、全員参加ができませんでした!!) 
 

あるごす

そっぷる

高橋ノゾム

hao

96co

綾鷹らいち

fnoji

きもば

 

 

あるごす

今年のベストな端末は何?

 自分が買ってない端末に関してはなんとも言えないので、買った端末の中からベストバイを選ぶとGalaxy Note10.1ですね。

 サイズもあって持ち歩きに向く端末ではありませんが、S-penの書き心地は素晴らしい!下手の横好きながら絵を描く趣味があるものですから、5万円ほどで液晶タブレットが手に入ったと思うと本当に買って良かったと思います。

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

 魅力的な端末をたくさん引っ張ってきたということでKDDIさんです。

 HTC J butterflyという日本向けかつグローバルの臭いもあるハイエンド端末を出してきたことからも、注力されてるのだなと感じます。

2013年に期待したいメーカーはどこ?

 僕の好きなメーカーはHTC、Samsung、LG、SonyMobileあたりなので全てに期待しているのですが、ひとつ選ぶとすればLGさんに期待したいところです。

 韓国メーカーとしては常にSamsungに後塵を拝して二番手となっているLGですが、Optimus XやOptimus Gなど端末としてはとてもまとまりの良いものを作っています。ガワのデザインがいまいちアカ抜けないのが玉にキズと言ったところですが、来年も良い端末を作って欲しいですね。

大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

 やはりハイエンド端末は4インチ強~5インチになるのではないでしょうか。しかしながら現行のミドルレンジモデルについてもどんどんスペックが上がりストレスなく動作してくれているので、特にガジェットのことが好きではない一般層の方向けには4インチ程度のモデルが普及するのではないかなと思います。したらいいなあ(願望)。

 OSの面では昨日の読売新聞でも報じられていましたが、Tizen(タイゼン)を搭載する端末が来年ドコモから出るということでどうなるかなと期待しています。まさかAndroidやiOSを食うということは僕を含め誰も考えてないと思いますが、AndroidもiOSもこのままだと伸びしろがないように感じているので、新たなOSの参入でお互い刺激になり発展につながると良いと思います。
 2013年、いっTizenたいどうなるんだ……
 お後がよろしいようで。 

 

そっぷる

今年のベストな端末は何?

 Nexus7

 2万円を切るお手頃価格で7インチタブレットを手に入れることができたのはとても良かった。

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

 LTEやプラチナバンド(900MHz)で頑張ったSoftBank。そして10月にはE-mobile、Sprint買収。今後が楽しみだ。

2013年に期待したいメーカーはどこ?

Nokia!日本でもLumiaを出して欲しい!

大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

 クアッドコア、RAM2GB、5インチフルHDディスプレイが当たり前になる。これではメーカーで選ぶ意味がなくなる。ではユーザーは何で選ぶかとなればデザインや質感だ。

 2013年春には新しいINFOBARがでたり、中国のAppleをイメージしたデザイン、OPPOなどが日本上陸したりとデザイン・質感戦争は激化するだろう。

 

高橋ノゾム

今年のベストな端末は何?

htc J ISW13HT
 KDDIと台湾メーカーのhtcがコラボレーションして作られた端末は、満足の行く出来だった。
 長い間メイン端末として使っているが、ディスプレイとパッキン以外は良く作り込まれた端末だと思う。
 ISW 12HTの流れを汲む htc J butterfly も非常に盛況であり、国という垣根を越えたコラボレーション端末が増えていくことに期待したい。

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

NTT ドコモ
 NTT ドコモ全体としては、NOTTVをはじめとした、誰が得をするのかわからないサービスも展開しているが、ネットワークを見れば3Gから4Gへの移行をもっとも素早くできたキャリアだと思う。各社に率先してハイエンドのスマートフォンを販売していた点も評価したい。

 今後はよりユーザの目線にたった製品の販売とサービスを提供をして欲しいと思う。

2013年に期待したいメーカーはどこ?

ファーウェイ・LGエレクトロニクス
 日本で日の目を浴びることの無いファーフェイ。今のところは普及の兆しが見えないがデザインや作り込みをより日本向けにして市場に新しい風を吹かせて欲しいと思う。

 LGエレクトロニクスは日本で販売するにあたって徹底したローカライズがなされている。Nexus 4を作った実績と自社が持つディスプレイ技術を活用して、よりよいスマートフォンを作っていって欲しい。

大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

 カタログスペックの終焉、スペック以外に重点を
 昨今ではチップセットのデュアルコア化、クアッドコア化が進み、メモリの容量も増え、カメラの画素数も向上した。最近では、画面の解像度がカタログスペックに踊る数字となっている。

 しかし、いくらカタログスペックが良くともソフトウェアの完成度やタッチパネルの精度など細かいところの配慮が出来ていなければ結果としてユーザを満足させることはできないし、そんなものは使い物にならない。

 チップセット・カメラ・画面解像度、これらの性能向上には、若干のどん詰まりを感じている。メーカー各社は今後数字に出来ない作り込みにシフトしていくだろう。

 

hao

今年のベストな端末は何?

 docomo Galaxy Note SC-05Dです。この時はまだ5インチディスプレイという大画面は少なく、大容量バッテリーで、ペンで文字が書けるという事に一番驚いた印象が私の中にあります。

 しかも、スペックも悪くなく国際版ではAndroid 4.1 Jelly Beanのアップデートも来ており、まだまだ使える端末だと思います。

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

 au by KDDIです。今年4G LTE展開をし、先に始めたdocomo Xiよりも快適です。さらにWiMAXも展開しているので3G、4G LTE、WiMAXと網羅している為、もし7GB制限が来てもWiMAXで制限なしの通信が行えるのが魅力的です。

2013年に期待したいメーカーはどこ?

Sony mobileです。何よりも今年は2012年に発売された端末は不具合など色々な欠点っがありました。その点を改善し、さらにはクラウドサービスでPS3やnasne、ブラビアなどの連携でどこでも録画したアニメが観れる環境があれば嬉しい限りです。

大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

しばらくは大画面スマートフォンが発売されると思いますが、途中からまた小さいスマートフォンが発売されていくと思います。

 これ以上大きくなっても使いづらいだけですし、Xperia SXやrayなどの小型で持ちやすいスマートフォンが発売されていく気がします。ある意味私の望みでもありますが。

 

96co

今年のベストな端末は何?

 個人的によかったと思える端末はGALAXY SⅢα(SC-03E)です。

 auから発売されたHTC J butterfly(HTL21)より4日早く発売されたものの、話題性などは高精細なフルHD対応液晶を搭載したHTL21が勝っていました。

  しかし、実際に触ってみればSC-03Eもなかなか素晴らしい機種です。クアッドコアCPUと2GBのRAMを搭載しているため、ちょっとやそっとでは動作がもたつくことはなく非常に快適です。

 スペックだけではなく通知バーやUIなど中身の部分もよく作りこまれており、筆者が以前所持していたGALAXY SⅡ(SC-02C)やGALAXY Note(SC-05D)と比べてもその差は歴然です。

 色は高級感あふれるチタニウムグレーとサファイアブラックの二色のみで、外観も以前のGALAXYのような安っぽさはなく、光や角度によってその姿を変えます。まさしく『プレミアムモデル』。

 GALAXY SⅢ(SC-06D)をお持ちの方でも、1.6GHzCPUやAndroid 4.1、最大100Mbpsに対応したXiなど充分に進化を体感できる出来になっているかと思います。隠れた名機種なのでただのマイナーチェンジモデルだ と思わずに是非お試しください。

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

 やはりここはau一択ではないでしょうか。

 サービスイン当初からかなりのエリアをカバーした800MHz帯や1.5GHz帯のau LTEなど通信面でもかなりの努力が見えました。

  筆者はau端末ではiPhone 5しか所持していないため2.1GHz帯しか体験できていませんが、こちらも普段の行動範囲でLTEが入るエリアではpingも100ms以下、速度も 5Mbpsから10Mbpとわりと安定しているほうだと思うので特に大きな不満はありません(31日の夜中に死んでいましたが……)。

 また端末のほうもiPhone 5、iPad miniを発売しただけに留まらず、Android端末でもHTC J butterfly(HTL21)やOptimus G(LGL21)など魅力的な端末を提供している点も好印象です。

2013年に期待したいメーカーはどこ?

 中国のOPPO社が2013年発売予定のFind 5が日本市場にも投入されるそうなのでこれにはとても期待しています。

 今現在の日本市場は決まったメーカーの製品ばかり注目され、新規参入が難しいように思えます。そこでOPPO社のような新規参入するメーカーが魅力的な端末を供給して注目されれば、新規参入しやすい土壌もできあがるのではないでしょうか。

 そういった面でもOPPO社には頑張って欲しいですね。

 大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

  Googleが提供しているNexus 4でワイヤレス給電規格であるQi(チー)が搭載されました。「純粋なAndroid」であるNexusシリーズにこれが搭載されたことで、今後、開発・ 発売されるAndroid端末はQiが標準搭載される時代が来るかもしれません。

 しかし、置くだけで充電出来るQiはスマートフォンには少し不向きかもしれません。我々がスマートフォンを使うときはほとんどの場合は手に持って使っているからです。そこで、提案したいのは『スマホ充電手袋』です!

 『スマホ充電手袋』とは手袋の中にQiを埋め込んで、使用中も充電することができる夢の様な手袋です。多少は人体に影響がでそうな気もしないことはないですが、そこは気にしないでおきましょうw

 『おくだけ充電』ならぬ『もつだけ充電』。メーカーさん作ってみませんか?

 

綾鷹らいち

今年のベストな端末は何?

iPhone5

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

 色んな面で是非はあると思いますが、iPhone関連を追っている身としては、三社の中ではAUが頑張ったんじゃないかな、という印象です。僕自身はパケ詰まりもあまり体感して居らず、LTEを快適に使えています。

2013年に期待したいメーカーはどこ?

 AppleとSAMSUNG

 この2社の新製品にはワクワクできます。

大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

 こうなる!という予想は僕にはちょっと出来ませんが…

 2012年はやっと、各社ほぼほぼ安定して良い端末をリリースできるようになってきた感じですよね。2013年は色んな側面に特化した、ワクワクできるような尖った端末を期待したいです。

 

fnoji

今年のベストな端末は何?

 GALAXY Note II SC-02E

 実際触れてみてExynosの強さ、UIの操作性がとても向上していて良いものに思えました。

 専用タッチペンとなる「S-Pen」も機能・形状・書き心地がより向上し、以前の「GALAXY Note SC-05D」の利用者から見てもとても羨ましい進化をしているのではないでしょうか。 

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

 Softbank

 私の在住している仙台ですら3G通信ではもうダメなんじゃないかと思う位パケ詰まりが酷くau by KDDIにMNPしてしまいましたが、
今年に入ってLTEやAXGPなどでその快適さに驚かされる事が多かったです。

 私個人の見解ですが、ドコモやauよりも一番日本の通信業界のグローバル化を考えて「行動している」通信事業者だと思います。

 その行動した事が失敗に終わるか成功に終わるかは解りませんが、是非成功を願って応援したい会社です!

2013年に期待したいメーカーはどこ?

 NECカシオモバイルコミュニケーションズ

 NECカシオモバイルコミュニケーションズは現状あまり業績が芳しく無くとても苦労しているように見受けられますがその中でもドコモ向けスマートフォンにフラッグシップモデルを出すことが殆どで、国内メーカーで初のAndroid 4.1(Jellybean)を搭載した機種を販売しました。

 MEDIASブランドは迷走をしているようにも少し思えますが、GzOneのスマートフォンでは一貫してブランドを守っており、以前から米国のVerizon Wirelessで販売していたGzOneのスマートフォンを販売しています。

大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

 フルHD、それ以上の画面解像度は当たり前となるでしょう。

 タブレット型携帯(5インチ以上)も一般的になり、エンドユーザーの選択使がより広がる事となりそうです。

 その事によりバッテリー容量は技術の発展・商品の大型化により増し、バッテリー残量や残りの利用可能時間などを気に掛ける必要が無くなるのではないかと思います。

 

きもば

今年のベストな端末は何?

 XPERIA P

 質感いいは正義。

 最後まで、小さいは正義のSXと悩んだ。質に拘った機種が今まで少なかったので、あえて実用性度外視のPで。

 ray→SXとPの系統は2013年でも楽しみ。

今年、一番頑張ったと思う通信キャリアはどこ?

SoftBank

 3G時代、インフラでさんざんな評価だったが、LTEにおいては他社に追いついてきたのには驚いた。

 Sprint買収も含め、良くも悪くも最も目が離せない事業者だった。
2013年も驚かせて欲しい。

2013年に期待したいメーカーはどこ?

SONY

単に期待したいだけなので、実際に評価されてくるのは一部の中華メーカーかなあとも。

大胆予測!2013年のスマホはこうなる!

 ハイエンドモデルでは、Blu-ray同等のFullHD解像度が普通になる。

 そのスペックで何ができるのか?エコシステムがより問われていく。