ソフトバンクがLINEを買収する?海外報道

line

 海外メディアBloombergは、複数の関係筋の証言を情報源として、SoftBankが株式会社LINEの買収を進めていると報じました。

 LINEは、韓国NAVER(ネイバー)の日本子会社。スマートフォンで利用できるメッセージングアプリ LINEを日本国内外で展開、その利用者数は3億4000万人にものぼると見られています。 

 日本の携帯電話におけるテキストメッセージの地位は、絵文字や「デコメ(HTMLメール)」を利用できるキャリアメールが築いていましたが、スマートフォンシフトに合わせてその牙城を崩してきたのが他ならぬLINEです。これをキャリア(移動体通信事業者)が欲しがるのも当然と言えます。事実、KDDIとNTT docomoはLINEと提携関係を結んでいます。

 この他にも、Facebookは「WhatsApp」を、楽天が「Viber」を買収するなど、メッセージングサービスを大企業が取り込むという流れはあります。LINEはSoftBank以外からも買収提案を少なくとも1件受けているとも関係筋は話しており、これにより新規株式公開が遅れているとのこと。

 インターネットで常に中心にある、「コミュニケーション」の中核を担う価値あるサービスだけあって、各社ともこの分野を重視している様子が伺えます。今後の展開を注意深く見守りたいところです。

情報元:Bloomberg

この記事にコメントする

comments powered by Disqus