Lightning USBケーブルを加工してみる

 この記事は改造や加工を推奨するものではありません。あくまで自己責任の上で行って下さい。

 AmazonではMade for iPhoneの認証を取得したAmazonベーシック lightning USBケーブルが売られています。価格が純正のものより安いにも関わらず、品質が高いことで知られているのですが、使い始めようというところで問題が発生しました。筆者はiPhone5SにSWORD5+ のアルミバンパーを使用しているのですが、先が「太くて刺さらない」ことに気づいたのです。買い直すにしてもかなり費用がかさみます。何か方法はないかと考えました。

 そこで「そうだ、加工しよう!」と思いつきました。

 おそらく端子の周りが分厚いプラスチックで囲まれているだけで、少々削ったところで中身まで見えないから問題は起きないはずだ……と都合良く解釈し、周りをカッターナイフで削りました。

DSC02005

 注意した点は一つだけ、接続部分の中身が見えるとこまでは絶対に削らない。定規を用いて、1mmずつ削っては合わせる作業を繰り返しなんとか合わせることが出来ました。

DSC01999

 Lightning USBケーブルは300円くらいの安いものから2000円くらいのものまで様々な物があります。

 300円くらいの安いものは純正ケーブルを模したものなのですが、品質は悪く充電スピードやデータの転送速度は遅く使い物になりません。

 かと言って、Apple純正のものは高く少しでも安く高品質のもの手に入れたいとなるとMade for iPhoneの認証を取得したものに限られてしまいます。おすすめはしませんが、同じような経験をされた方は試してみるのもありではないかと思っています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus