インテル、次世代モバイルPC向けプロセッサ「Core M(Broadwell)」正式発表!

Intel Core M

 Intelは台北で行われているIT関連技術の総合ショーであるCOMPUTEX TAIPEI 2014にて、同社の新世代モバイルPC向けプロセッサとなるCore Mプロセッサを発表しました。

 Intel Core Mプロセッサは当初Broadwellとして予告されていたプロセッサのモバイル向け製品です。Broadwellは当初今年の中盤までに登場するとされていましたが、様々な事情から予定から遅れ、今年末までに登場、という形に変更されていました。

 Core Mプロセッサは最新の14nmプロセスを用いて製造されており、22nmだったCore i7(Haswell)プロセッサよりも更に低消費電力化することが可能になりました。IntelはこのCore Mプロセッサの低消費電力性能をアピールすべく、12.5型でたった680gしかないCore M搭載モバイルPCのリファレンスデザインを公開しています。バッテリーが小さくて済むことから、このような薄型軽量化が可能だったのでしょうね。このリファレンスモデルにはキーボードも搭載されており、キーボードなし800gのSurface 3よりも圧倒的に軽いことがわかります。

 Intel Core Mプロセッサは今年末までに登場するとされています。WWDC 2014では発表されなかった新MacBookは、このCore Mプロセッサを搭載してくるのかもしれませんね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus