やっと出た、初のTizenスマホ「Samsung Z」正式発表

samsung-z-black

 SAMSUNGは、Tizen OSを搭載した初の商用スマートフォン「Samsung Z」を正式に発表しました。カラー展開はブラックとゴールドの2色。

 GALAXY S5同様、指紋認証センサー、心拍計を内蔵するほか、Ultra Power Saving Modeを利用できるなど、省電力化も図られています。起動やマルチタスキングも高速に行えるそうです。

SoC 2.3GHzクアッドコアプロセッサー
 ディスプレイ 4.8インチ HD SuperAMOLED(有機EL) 
OS  Tizen 2.2.1
カメラ  800万画素(インカメラ210万画素)
メモリ 2GB 
 内蔵フラッシュメモリ 16GB  
MicroSD 対応 
サイズ  138.2 x 69.8 x 8.5mm
 重量 136 g  
バッテリー  2600 mAh 
その他 GPS/GLONAS、Bluetooth 4.0、FeliCa/NFC、LTE Cat.4、Download Booster

 アプリはTizenストアから追加可能とのこと。Android似のUIと、フラットデザイン化されたアイコンを確認できます。

S_Image_SM-Z910F_001_Front_Gold1

 噂通りQ3よりロシア市場に投入予定となっています。先進国市場ではiOS・Androidがシェアを握っており、同じような路線のTizenが入り込むには不利です。噂では、まだiOSやAndroidの基盤が固まっていないインドなどの新興国市場にTizen搭載機を投入していくと伝えられています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus