バイオ株式会社、「VAIO Pro 11 / 13」「VAIO Fit 15E」発表。

  本日、VAIO株式会社は、ノートPCを3種発表しました。VAIO株式会社は、SONYが切り離したVAIO事業部を日本産業パートナーズが買い取って株式会社化したもの。SONYからの出資はわずか5%。従業員数は240名というミニマルな状態からのスタート。 

vaio1

(決意表明とも取れるティザーがトップページに)

 

vaio

(7月1日15時の発表にあわせ、製品紹介ページに進めるようになった)

 発表されたのはVAIO Pro 11 / 13、VAIO Fit 15Eの3機種。いずれもSONYブランドで販売されていたモデルとなります。個人向けの受注開始予定日は7月1日から、法人向けは8月4日からの予定です。 

  VAIO Pro 11 VAIO Pro 13 VAIO Fit 15E
画面 11.6インチIPS 13.3インチIPS 15.5インチIPS
解像度 Full HD (1920 x 1080) Full HD or WXGA
OS Windows 8.1 / 7
SoC Intel製 Haswellプロセッサ
メモリ 4 / 8GB
 ストレージ  SSD  SSD HDD
インカメラ 92万画素
光学ドライブ 無し DVDドライブ
駆動時間
JEITAver2.0計測
(Win8.1Update時)
9.5時間
(メモリ4GB選択時)
10.5時間 8時間
重量
(非タッチパネル)
770g 940g 2.5kg

 VAIO FitのBlu-rayドライブを選択できなくなっていたり、「外付けスピーカーなどいらない」という文言からは、親であるSONY、言い方を変えれば「足枷(あしかせ)」が、外れたことが改めて伝わってきます。

image

 VAIO株式会社とソニーマーケティング株式会社と販売代理店契約を締結したことで、従来のSONY直営ストアや家電量販店といった店舗も販路となります。SONYのオンラインストアにもVAIOのコーナーが登場しています。

vaio-sony-store

 私は、最近はVAIO Duo 13ではなくVAIO Pro 11を愛着を持って利用しています。870gの軽さと、UDカーボンの剛性は、持ち運んで使う喜びを与えてくれます。(この記事も出先で、VAIO Pro 11で書きました)

2014-07-01 15.40.59

 この系統の機種が継続してリリースされるとなれば、今ある機種も安心して使うことができます。今後、SONYロゴが無くなるのは少々さみしいですが、今後の新製品が非常に楽しみです。

[訂正]スペック表や重量などを修正いたしました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus