iPhone6・6+ ユーザは様子見が賢明? iOS 8.0.1を適用すると不具合が発生する模様

スクリーンショット 2014-09-25 02.59.39

 先日リリースされた iOS の新バージョン iOS8 のバグ修正を提供する iOS 8.0.1 にアップデートした複数のユーザから「モバイルネットワークに繋がらなくなり圏外が表示され、Touch IDが使えなくなった」という報告が上がっています。問題の対象となる機種は先日発売された iPhone 6 と iPhone 6 Plus のみで iPhone4S・iPhone5・iPhone 5s・iPhone5c は問題ないとされています。

 iOS 8.0.1 はすでに配信されており、iOS 8 ユーザの多くはアップデート可能な状態になっていると予想されます。現状はどのiPhoneを使っている方もアップデートをせずに様子を見するのが賢明な判断でしょう。アップデートしてしまった方は今後のアップルのアナウンスに注意すると共に、連絡手段の確保につとめた方が良いでしょう。


2014年9月25日12時更新 (綾鷹らいち)

iOS 8.0.1の配信が停止されました。Business Insiderによると、Appleはこの件について調査中とのこと。修正されたバージョンの公開や、アップデートしてしまった端末にの復旧方法の案内は、もう少し時間が掛かりそうです。

なお、すでにiOS 8.0.1をiPhone6 iPhone6 plusに適用してしまっていた場合について、The Vergeで、iOS 8.0.0のファームウェアをダウンロードし、iTunesから「バージョンアップ」する方法が紹介されています(経由: 田園Mac 様)。

リンク先が英語なのでざっくり説明しておくと「ipswdownloader.com」というサイトでファームウェアをダウンロード(なんとも怪しげなサイトですがファームウェア自体はAppleからの直リンクとなっているのでご安心ください)、iTunesでMacであればOption、WindowsであればControlを押しながら「アップデートを確認」ボタンを押下すると、先ほどダウンロードしたiOS 8.0.0のファームウェアを選択でき、プログラムを適用できる。というものです。

 この方法であれば、iPhoneを初期化することなく、iOS 8.0.0に戻し、不具合から回復することが出来ると思います。

続報:待たれる「再々修正」 iOS 8.0.2でも「圏外」「Touch ID利用不可」の致命的不具合が報告される

この記事にコメントする

comments powered by Disqus