AQUOS K SHF32向け料金プランが登場、「無料通話分付き」VKプランも

au-garaho-aquos-k-shf-32

 鳴り物入りで登場したauのAndroidガラケーAQUOS K SHF31は、音声通話はCDMA200だし、料金プランは高いしで、魅力を大きく損ねていました。

 しかし発売からわずか3ヶ月後に登場したAQUOS K SHF32は、CDMA2000を切り捨ててVoLTEに対応、料金プランもケータイ並みに改善されました。

 特に注目すべきはVKプラン。無料通話分という概念が復活。無料通話分付きか、au内の1時~21時までの通話料無料かを選択できます。

 パケット定額も二段階。下限は500円。10MB/月までは下限金額で収まり、10MBを超えた時点以降は1KBごとに0.02円課金。上限は4200円となります。ただし2GB超過の場合は通信速度は送受信最大128kbpsとなる点は注意。

 以下は「誰でも割(=自動更新制2年契約)」前提。ISP費=LTE NET。価格はすべて税別。

VKプラン + ダブル定額サービス

基本料金 パケット定額 ISP費 合計
VK プランM 1620円
通話料 20円/30秒
2600円分の無料通話含む
ダブル定額 500円

4200円
300円 2420円

6120円
VK プランS 998円
通話料 20円/30秒
1100円分(27分) の無料通話含む
1798円

5498円
VK プラン 998円
通話料 20円/30秒
au携帯電話宛の1時~21時の国内通話料が無料
1798円

5498円

電話カケ放題プランVK + データ定額サービス

基本料金 パケット定額 ISP費 合計

 

通常料金
電話カケ放題プラン (VK) 2200円 データ定額2 (VK) 3500円 300円 6000円
データ定額3 (VK) 4200円 6700円
データ定額5 (VK) 5000円 7500円
データ定額8 (VK) 6700円 9200円
データ定額10 (VK) 8000円 10500円
データ定額13 (VK) 9800円 12300円

電話カケ放題プランVK + ダブル定額サービス

基本料金 パケット定額 ISP費 合計
電話カケ放題プラン (VK) 2200円 データ定額 (VK) 500円

4200円
300円 3000円

6700円

 NTT docomoもAndroidプラットフォームのガラケーを発表しており、ケータイ向けの料金プランが選択可能。auは今回の料金プラン発表で対抗した形。

 それにしてもドコモのAndroidガラケーはLTE非対応で低機能であるのに対して、AQUOS K SHF32の方が高機能で、LTE通信+VoLTEを利用可能な分、auに優位性があるように見えます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus