iPad mini 4 Wi-Fi+Cellularモデル価格比較表:ドコモ/au/SB/SIMフリー

ipad mini 4

 NTT docomo、KDDI、SoftBankの3社は、iPad mini 4の取り扱いを表明。価格も発表しました。

 携帯会社の「実質負担額」表記が、若者の与信ブラックという社会問題の原因となっているので、普段あまり表記していませんが、タブレットの買い替え頻度はスマートフォンほど高くないであろうことを考えて、「実質負担額」もこの記事では表記しています。

 iPad mini 4 Wi-Fi+Cellularモデルの16GBモデルは、通信3社ともに、通信費からの割引を2年間満額受け取るといわゆる「実質0円」に。(以下、全て税込み)

上段:定価
中段: 月々サポート/毎月割/月月割の総額)
下段:実質負担額
  SIMフリー docomo au SB
16GB 6万1344円 6万2856円
-6万2856円
0円
6万360円
-6万360円
0円
6万1320円
-6万1320円
0円
64GB 7万3224円 7万5600円
-6万1560円
1万4040円
7万3200円
-6万360円
1万2840円
7万3200円
-6万360円
1万2840円
128GB 8万5104円 8万7480円
-6万1560円
2万5920円
8万4480円
-6万360円
2万4120円
8万5080円
-6万0960円
2万4120円

 携帯3社は通信費が高いので、通信品質に細かく拘らないのであれば、SIMフリーを一括で購入し、MVNOで使うのが最安です。MVNOのデータ通信プランは基本的に解約金もかかりません。合わないと思ったら、利用スタイルが変わったと思ったら、好きなMVNOのSIMにサクッと変えましょう。

 もし、あなたが既に一台目にキャリアのスマートフォンを利用している場合、各社で二台目のタブレットが安くなるプランがあります。余ったデータ通信量をタブレットに分け合うことができます。既に大手キャリアのサービス品質と価格に満足して、今後も使い続けるという人にとっては、iPadをキャリアで購入したほうが安いという場合もありえます。

 そもそも外でそんなにタブレットを使わないという人は、Wi-Fi+Cellularモデルを選択する意味がありません。Apple StoreでWi-Fiモデルを買えばいいです。Wi-Fiモデルの価格はこちらの記事を。各自の利用スタイルによって、柔軟に選択する必要があります。

docomo-online-shopau-online-shopsoftbank-online-shop

 iPhone 6sの価格比較はこちらの記事をご覧下さい。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus