ひらくPCバッグminiの疑問点:開閉の様子は?カメラどれぐらい入る?

 愛用してきた「ひらくPCバッグ」の後継・派生モデルとして新たに登場した「ひらくPCバッグmini」。今回はすまほん!!読者の皆様よりTwitterで寄せられた疑問点をチェックしていきます。

 鞄の中を仕分けする「仕切り」の役割を果たす「パーティションプレート」は、マジックテープが用いられています。

hiraku-pc-bag-mini-partition-sheat

 これ以外にマジックテープを使っている部分はありますかとの質問があったのですが、ありません。マジックテープは便利ですが、いちいち「バリバリ」と音が鳴るのは抵抗がある人が多いと思いますが、普段開閉する部分はマジックテープではなくチャックなので、この点については安心です。

 開閉する様子についても見てみたいという意見が寄せられたので、動画で上げておきます。

 今回、開閉が二段階になっています。ちょっとだけ開けて、小さい内ポケットの小物を取り出すことができます。僕はここに名刺入れを入れています。ノートPCも取り出せます。小物やPCを取り出すのに、いちいち全開にしなくていいということです。

 カメラやレンズを収納できるのか?という質問もいくつか寄せられたので、入れてみました。

 SONYのミラーレス一眼α5000。パンケーキレンズを装着、望遠レンズも入れてみた様子。

hiraku-pc-mini-bag

 α5000+望遠レンズ。

hirap-bag-mini

 さすがにCanonの一眼レフEOS Kiss X5は入りません。

hirap-canon-eos-kiss-x5

 α5000と、Panasonic DMC-LX100を入れた様子。

hiraku-pc-bag-mini-camera

 一眼レフは無理があるもののミラーレス一眼やレンズ、高級コンデジなら入りますね。ご参考になれば幸いです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus