Continuumにも対応! MADOSMAがハイスペックになって帰ってきた!

mouse_q601

 マウスコンピュータは、同社のスマートフォンブランド MADOSMA シリーズの新モデルMADOSMA Q601を発表しました。スペックが大幅に向上し、話題のContinuumにも対応しています。 販売価格や販売時期などは後日改めて発表をするとしています。

 主な仕様は以下の通りです。

 OS Windows 10 Mobile
 SoC Snapdragon 617(MSM 8952)
RAM 3GB
内蔵フラッシュメモリ 32GB(microSD対応)
ディスプレイ 6インチ(1920 * 1080) JDI製LTPSパネル
バッテリー容量 3900mAh
カメラ 背面:1300万画素
前面:500万画素
Wi-Fi IEEE 802.11 ac /a/b/g/n
モバイルネットワーク 3G: WCDMA 1/6/8/19
FDD-LTE 1/2/3/4/7/8
TDD-LTE 38/40/41
SIM MicroSIM
NanoSIM(MicroSDと排他利用)
GPS  GPS / A-GPS / Glonass
サイズ  160 * 82,3 * 7.9(計測中)
その他 USB 2.0 Type-C

 チップセットにはミッドレンジ~ハイエンド製品で採用されるSnapdragon 617が採用されており、新たに5GHz帯のWi-Fiにも対応、対応するLTEバンドも、MADOSMA Q501から大幅に増えました。

 エントリーモデルの印象が高かった旧モデルと比べると、デザインにもこだわりを感じる高級路線の端末になっています。先行して販売されたNuans Neoや今後登場を控えているVAIO Phone Bizや、hpのElite X3など、国内のWindows 10 Mobile端末の状況が一変しつつありますね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus