虹彩認証/4GBメモリ/MIL規格/有機ELの超ハイスペW10M「HP Elite X3」、日本国内で個人向けにも発売!

hp-elite-x3

 ヒューレット・パッカードは、ファブレット端末Elite X3を9月5日に国内発売しました。形態はSIMフリー。価格は税別7万7800円。

 KDDIの法人向けとして販売されると伝えられていましたが、実際はHP公式サイトから個人向けにも購入が可能。現在、「HP Elite x3 プレミアムパッケージ 早得キャンペーン」で本体価格が税別6万9800円で、配送料と消費税込で7万8624円です。

hp-elite-x3

(個人で購入可能)

 本機はOSにWindows 10 Mobileを採用。IP67の防水防塵、MIL規格のタフな筐体を持ちます。

gallery03

 SoCはSnapdragon 820、実行用メモリは4GB、ストレージは64GB、ディスプレイは5.96インチWQHD AMOLED、Gorilla Glass 4、USB 3.0 Type-C、容量4150mAh電池、ワイヤレス充電Qi / PMA、背面1600万画素/前面800万画素カメラ、高級オーディオBang & Olufsen製のスピーカーと全方向ノイズキャンセリング付きマイクを搭載し、さらにWiMAX 2+やVoLTE、指紋認証/虹彩認証にまでも対応した豪華な全部入りモデルです。

 別売りのノートドック(Mobile Extender)は、12.5インチディスプレイと大容量バッテリーを搭載しており、Elite X3と合体が可能。Continuumを活用して、本機がノートPCへと変身するわけです。

Dove_Display_Catalog_Frt_Open_with_Falcon_HR_v1_8bit-e1456010608705-980x573

 国内のW10Mといえばスペックの低いものが少なくありませんでしたが、ここにきて魅力的な選択肢が増えたと言えそうです。

  • 情報元HP

この記事にコメントする

comments powered by Disqus