富士通、PC事業を中国レノボに統合か

logo_tcm102-1314398

 NHKは、富士通がPC事業を中国レノボ・グループへと統合すると報じました。

 富士通はスマートフォン事業とPC事業を子会社化済み。このうち、PC事業を事業の子会社に、レノボが株式の過半数を出資する形で事業統合を行う方向で最終調整中とのこと。

 富士通のパソコンと言えばかつて名を馳せたものでしたが現在では事業は赤字が続いています。VAIOや東芝との統合も模索していましたが、結局御破算となっています。

 一方でLenovoは世界一のシェアを獲得し、国内でもNECレノボが第一位に君臨しています。NECレノボはThinkPadやLaVieを販売し好調です。

 富士通のPCブランド「FMV」の存続に関しては、両社の間で検討を進めていく方針とのことです。