エイスース、最大30日間の連続待受できる大容量電池スマホ「ZenFone 3 Max」を国内投入。価格1万9800円税別

 ASUS Japanは、ZenFone 3シリーズのスマートフォン「ZenFone 3 MAX(ZC520TL)」を日本国内で発売すると発表しました。

zenfone3max

 本機の最大の特徴は、4100mAhの大容量バッテリーを備えている点です。理論上、最大約30日間の連続待受が可能であると謳います。

 ZenFone MAXシリーズはUSB OTGに対応しており、キーボードやUSBメモリーなど各種機器の利用が可能。この機能を活用するためのOTGケーブルが標準で同梱されます。

 このOTGケーブルによって、他の機種へ電源供給するリザーブチャージ機能に対応。つまりZenFone 3 MAXをあたかもモバイルバッテリーのように利用できるというわけです。

zenfone3-max

 スペックはMediaTek MT6737 1.25GHz クアッドコア、実行2GBメモリ、ストレージ16GBなど、かなり控えめ。自身の用途をよく理解した上で購入するには十分でしょうが、ゲームなどのリッチコンテンツの容量が肥大化している昨今の事情を鑑みれば、やや窮屈になることが想定されます。

 OSはAndroid 6.0、UIは ZenUI 3.0。ディスプレイは5.2インチHD。カメラは1300万画素、インカメラは500万画素。

 ベゼルは2.25mmと狭額縁で、2.5Dの曲面ガラスでエッジはラウンド形状。さらに背面にはミッドレンジモデルながらも指紋認証センサーを搭載するなど、最近のトレンドをしっかり抑えています。

 ただしデュアルSIMながらも4Gと3GのDSDSには非対応。

 12月14日より予約受付を開始し、販売開始は2017年1月中旬以降となっています。価格は税別1万9800円。カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、グレーの3色。

Tw4HMZKhYaKfGMUt_setting_fff_1_90_end_500