ソフトバンク夏モデルまとめ。スロモ撮影Xperia XZs / 本気のAQUOS R / 小型ea / 初心者向けDIGNO Gの計4機種

softbank_logo

 ソフトバンクは、2017年夏モデルを発表しました。Sony Mobile, SHARP, 京セラ製のスマートフォン計4機種となっています。

xperia-xz-aquos-ea-aquos-r-digno

XPERIA XZs

mainvisual_fly_xperia-xzs_blue

 「Xperia XZs」は、バルセロナで2月に開催されたMWC2017にて正式発表された、Sony Mobileのスマートフォン。基本的な性能はフラッグシップモデル「Xperia XZ」とほとんど変わらないマイナーチェンジモデル。背面の無駄なキャリアロゴはなし。

OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 820 クアッドコア 64bit
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2インチFull HD
カメラ Exmor RS for Mobile, 1900万画素,
レーザーAF, 4K動画, RGB IR, Motion EYE
スーパースローモーション960fps
インカメラ 1300万画素
バッテリー 2900mAh,
寸法 146×72×8.1mm
重量 161g
その他 microSDスロットあり、防水防塵, USB Type C, QC

 カメラ機能が大きく強化。画素数は2300万画素から1900万画素に減少したものの、画素あたりのサイズは大型化しており、より明るい画を撮れるようになりました。メモリー積層型CMOSセンサーはメモリーを保持するようになり、データ読み出しが5倍高速化、新たに960fpsのスーパースローモーション撮影にも対応します。

 発売日は5月下旬以降。

AQUOS R

mainvisual_fly_aquos-r_black

 ホンハイ傘下として再出発したSHARPは、「AQUOS ZETA / Serie / Xx」など無駄に散逸していたブランドを、今期より新たに「AQUOS R」に統合。

 5.3型WQHDハイスピードIGZO液晶、Snapdragon 835、実行4GBメモリ、Bluetooth 5.0など、極めてハイスペックな構成。通信面は、キャリアアグリゲーション+4×4 MIMO+256AQMにより、夏モデルのスマートフォンで唯一、理論値下り最大612Mbpsの高速通信を実現。機能的にも指紋認証・ワンセグ/フルセグ、FeliCa、防水防塵を抑えています。全部入りのハイエンドモデルで勝負に挑みます。

OS Android 7.1 Nougat
CPU Qualcomm Snapdragon 835
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.3型 WQHD(2560×1440), ハイスピードIGZO, HDR10
カメラ 2260万画素 F1.9 光学式/電子式手ブレ補正
インカメラ  1630万画素
 バッテリー 3160mAh, QC3.0
寸法  153 × 74 × 8.7mm, 169g
その他  IPX5・IPX8/IP6X 防水防塵,
ワンセグ/フルセグ、FeliCa/NFC、指紋リーダー
USB Type-C, Wi-Fi a/b/g/b/ac、Bluetooth 5.0

 カラーリングはBlack, White, Orangeの3色。発売日は7月上旬以降。

AQUOS ea

 

mainvisual_fly_aquos-ea_pink

 SHARP製の「AQUOS ea」は、5インチHD IGZO液晶を搭載した、(今となっては)比較的小柄なモデルで、重量も135gに抑えられています。

OS Android 7.0 Nougat
CPU Qualcomm MSM8952 S617
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 5型HD IGZO
カメラ 1310万画素
インカメラ  500万画素
 バッテリー 3010mAh
寸法  71×142×8.8mm, 135g
その他  防水防塵IPX5/8,IP5X, BT4.2

 カラバリは3色。発売日は7月中旬以降。

DIGNO G

mainvisual_fly_digno-g_red

 京セラ製の「DIGNO G」。米国防総省の軍用品調達企画「MIL-STD-810G」に対応した耐衝撃防水防塵のタフネスモデル。

 スマートフォン初心者の購入も想定し、ホーム画面のUIはビギナー向けに、文字入力はガラケーライクに。赤外線通信も備えます。

OS Android 7.1 Nougat
CPU Qualcomm MSM8917
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 5型HDTFT
カメラ 1300万画素
インカメラ  200万画素
 バッテリー 2300mAh
寸法  72×143×10.6mm, 142g
その他  MIL規格

 カラバリは3色。発売日は7月上旬以降。

注目機種は?

 やはり一台選ぶならSHARPが再出発を誓うハイスペックモデル「AQUOS R」に注目したいところ。Xperia XZsが変わり映えしない一方、AQUOS Rは心躍る高性能ぶりです。

 MVNO、いわゆる「格安スマホ」の勢力が伸長する中、おそらく低価格に設定されるであろうAQUOS eaとDIGNO Gにも注目です。

 海外で発表されたXperia XZ Premiumは未発表。Xperia Z5 PremiumがNTT docomoから投入されたことを考えると、XZ Premiumも国内ではNTT docomo専売という可能性も高いでしょうから、SoftBankから発売されないのは順当といえば順当。

 SamsungのGalaxy S6 edge以来、GalaxyシリーズはSoftBankには未投入。ちょうどS6世代から2年経つので、買い替え時期に新機種を投入すべきではあったはずですが、Galaxy S8は投入されませんでした。世界中で発火事故を起こした欠陥モデルGalaxy Note 7の一件は、投入可否の判断に何らかの影響は及ぼしたのでしょうか。