スマートフォン、ついに実行8GBメモリを搭載。世界初QC4+採用ZTE旗艦Nubia Z17正式発表

nubia-z17-gold

 中国メーカーZTEは、Android 7.1.1 Nougatを実行するフラッグシップスマートフォン「Nubia Z17」を正式発表しました。

 あらゆる最先端を贅沢に詰め込んでいます。そのひとつが、世界で初めて採用するQualcommの急速充電技術「Quick Charge 4+」です。

qualcommquickcharge-4plus_icon_350

 Quick Charge 4の時点で0%のバッテリーをわずか15分間の充電で50%にまでチャージできたのですが、これよりもさらに高速化しています。

 QC4+では、電力管理用のICを2つ搭載した並列充電や温度管理の向上、充電端子部分の温度を管理し過剰な加熱を防止するなど、様々な機能を備えています。QC4と比べて、温度は3度低く、充電速度は15%向上、電力効率は30%向上したとのこと。

quick_charge_blog_inline_resized

 SoCにはSnapdragon 835を採用。市場に投入される中国メーカー製のスマートフォンとしてはXIaomi Mi 6に次いで2番目となります。

 実行用メモリはなんと8GBを選択可能。Samsungが10nmプロセスのモバイル向け8GB LPDDR4を昨年暮れに正式発表しており、これを採用している可能性がありそうです。

 ディスプレイは5.5型FHD、カメラは2300万画素、フロントカメラは1200万画素、電池容量は3200mAh、カラーは5色から選択可能。

ap_resize (1)

 筐体は防水耐水仕様。

Nubia-Z17-splashproof-840x388

 8GB+128GBストレージモデルは3999元、6GB+64GBストレージモデルは2799元。中国にて購入可能です。

 ノートPCですら8GBメモリあれば快適なのですが、スマートフォンで8GBメモリが必要という場面は現時点ではほとんど無いと思われます。ハイエンドモデルで主流となっている4GBあれば十分でしょう。しかし、中国メーカーがオーバースペックとも思える先進仕様を惜しげもなく注ぎ込んでいるという状況は純粋に面白いですね。