ロボット掃除機ルンバ、全機IoT化。中下位モデルでもスマホから操作可能に

 iRobot日本法人は、ロボット掃除機「ルンバ 890」「ルンバ 690」を正式発表しました。

index_kv_01_sp

 ルンバ890は、900同様AeroForceクリーニングシステムを搭載し、600/700シリーズの5倍の吸引力を実現したモデルです。

 これまでスマートフォンとの通信機能は上位モデルの900シリーズに限られていましたが、今回発表された下位モデル「ルンバ 890 / 690」でもこうした機能を利用できます。

 スマートフォンに「iRobot HOME」アプリをインストールすることで、屋内外からWi-Fi経由でルンバにアクセス。清掃開始/停止、清掃開始のタイマー予約、清掃状況のプッシュ通知、お手入れタイミングのお知らせ、ソフトウェアの自動アップデート、アイロボットサービスセンターへのアクセスなどが可能です。

index_tec_img_08

 ルンバが清掃したマップを確認できるClean Mapレポートなどの機能の利用は、上位モデルに限られるようです。

runba

 各モデルの発売日は8月24日。予約・購入は公式直販サイトアイロボットストアより。価格はルンバ890が税別6万9880円、ルンバ690が税別4万9880円となっています。