中国テンセントの人工知能、突如として中国共産党批判を開始したため停止させられる。

 テンセントQQの人工知能「Baby Q」は、ユーザーからの質問に応答するタイプのチャットBotです。中国テンセントと米Microsoftが共同で開発したものです。

001-6

 インターネットユーザーが「中国共産党万歳!」と書き込むと、「Baby Q」は「あなたはとても腐敗した無能な政治に万歳するのか」と煽り返してきたそうです。

002-4

 「中国共産党を愛しているか」との問には「愛していない」、「中国の夢は何?」との問には「アメリカに移民すること」と回答するなど、政治的な質問には基本的に政府批判や皮肉を返すようです。他にも「愛国者とは、政治家と経営者の重税の共謀関係を容認し、政府の一般市民への重圧に不平を言わない人だ」などと主張しました。

direct

direct (1)

 テンセントは現在、こうしたチャットBotをシャットダウンしました。復旧時期は不明です。明報新聞がテンセントの広報部門に連絡を試みましたが、コメントは得られなかったとのこと。

 Microsoftの人工知能「Tay」が、差別や虐殺を支持する内容の投稿を連発したため、運用開始からわずか1日でシャットダウンされた事件が昨年ありましたが、その再来と言えるのかもしれません。