セルラー版Apple Watch S3、大手キャリアの契約が必須に?MVNOでは利用できない? すまほん!!

screenshot 09-13-2017-022844

 Apple Watch Series 3は、噂通りLTE内蔵のCellular版も発売されます。Apple Watch Series 3側にeSIMが内蔵されており、iPhoneと同一の電話番号が利用可能。簡単な外出ならこれだけで電話応答まで済む、というのが魅力です。

 Apple曰く、Cellular版Apple Watch S3とiPhoneのサービス提供事業者は同一キャリアでなければならないとのこと。

 このため、携帯三社が販売するApple Watch S3でeSIM用プランを契約し、その会社でiPhoneのプランも契約し、両者を揃える必要が出てきます。NTT docomoは月額500円、KDDIは月額300円(いずれも税別)にてApple Watch S3用のeSIMプランを提供します。

 ここで問題となるのがMVNOでの利用です。Apple Watch S3がeSIMを採用し、iPhoneと同一電話番号を利用可能などとしている以上、「勝手に端末を買ってきて勝手にSIMを入れる」というわけにはいきません。そもそもSIMカードスロットも無いのですし。

 この辺りはMNOが新たにMVNOへ機能を開放する必要性の迫られる部分があると思われます。

 MVNOの中でも技術的に先行、フルMVNOとなっているIIJmio辺りが先陣を切って、Apple Watch Series 3をMVNOで利用できるようにしてくれるのではと淡い期待を抱いているのですが、IIJmioがMVNOでは利用できない可能性があることを指摘しているので先行きは不透明です。

 MNOは機能開放を渋りつつ、SoftBankあたりがしれっと自社のY!mobileブランドから「格安スマホで初のセルラー版Apple Watch S3登場!」なんてやりそうなところ。大手キャリアのみならず様々なMVNOでも利用できる選択肢があると消費者にとっても好ましい状況となりそうですが、果たして?

こんな記事も読まれています

Apple Watch S7は製造上の問題を解決し、9月中に発売か

噂:Apple Watch S8は血糖値センサー搭載か

新型「Apple Watch Series 7」の発売日が決定。

Apple Watch Series 5/SEが省電力モードで充電されない不具合、Appleが対処法と無償修理を案内

「Apple Watch Series 7」発表。狭額縁化、充電高速化、耐久性向上

噂:Apple Watchは2022年以降に血糖値や体温測定に対応、さらに頑丈な新モデル登場か?ブルームバーグ報道