AMDのGPU内蔵Intel Coreプロセッサが発表

intel-emib

 IntelとAMDは、Intel製CPUとAMDチップを組み合わせた第8世代Coreプロセッサを発表しました。2018年第1四半期には搭載製品がリリースされる予定です。

 Intel Core Hと、第二世代高帯域幅メモリHBM2と、AMD RadeonベースのdGPUが統合パッケージ化されています。

 それぞれ別々に搭載すればスペース・発熱・電力消費が増えます。これが統合パッケージ化されたことで効率化・小型化が可能。小型ながらもパワフルな性能を備えていることで、今後高性能なモバイルノートPCの登場が期待できます。

 何より、Nvidiaに対抗するために、IntelとAMDが提携、一つの統合プロセッサを作ったというのが大きな意味を持ちます。

 今回のプロセッサはやはりノートPCでの採用が期待されるだけに、着目すべき観点は、AMDのモバイル分野での存在感が今後増しそうというところでしょうか。AMDはZenマイクロアーキテクチャとVega GPUを組み合わせた「Ryzen Mobile」を発表しており、こちらもノートPCでIntelを圧倒する性能を持ちます。

 今後のAMDのノートPCでの活躍に期待です。