iPhone Xの顔認証、勝手に「寝顔認証」されオンライン送金。その対策方法を解説 すまほん!!

 iPhone Xの顔認識の危険性とその対策について解説します。

Face IDの顔認証神話

 iPhone XはTrue Depthカメラを搭載、顔認識認証「Face ID」に対応します。従来の指紋認証を代替しようというものです。

 Face IDについてAppleは、双子の違いを見分けるほど精度がよく、誤認証する確率も「100万回に1回」程度で極めて低いなどとアピールしていましたが、以下のような話題も。

寝ている間にiPhoneXで「寝顔認証」し、送金!

iphonex-faceid

 もし、iPhone Xの持ち主が寝ている間に、悪意ある者がそっとiPhone Xを奪い、勝手に顔認証してしまったら?そんな実験を行った動画が話題となっています。

 なんと、寝顔で解錠に成功してしまいました。

 しかもこの実験では、解錠後、中国TencentのWeChat Pay(微信支付)決済を実行、支払いできてしまったようです。実に危ないですね。

wechatpay

「寝顔認証」を阻止する設定項目はここ!

 こんな寝顔で解錠できてしまうのを防止する方法は、以下の設定項目をオンにすることです。

  • 設定→Face IDとパスコード→Face IDを使用するには注視が必要
2017-11-05 13.24.41

(オンになっているか必ず確認を)

 この設定がオンになっていることによって、目を瞑っている場合はFace IDが解錠をしなくなるので、「寝顔認証」を阻止できるというわけ。

 デフォルトでオンになってるので、設定を弄り回していなければ、おそらくオンにはなっているはずです。画面注視がオンになっていることによってサングラスなどで反応しない場合が出てくるので、そういう人はオフにしていると思いますが、この項目は基本的にはオンにしておくことをおすすめします。

究極はパスコードか

 指紋認証センサーでも寝ている間に指を使って認証は可能でした。寝顔認証なので、より気付かれにくくなった側面もあるかもしれません。設定次第では今までより危険になるシチュエーションもありえます。

 こう考えると、多少面倒でもパスコードロックの方が安心かもしれないですね。

 今後もし、持ち主の就寝中を検知し、その間のみ生体認証をオフにするような工夫がなされると、安全性が高まりそうな気がします。