LINE、Clova内蔵イヤホン「Mars」発表。日英同時翻訳にも対応

LINE Clova内蔵イヤホン「MARS」登場

mars

 LINEは、無線イヤホン「MARS」を正式発表しました。

Marsの特徴は「Clova」搭載

clova_logo

 LINEはクラウドベースの人工知能Clovaを開発しています。スマートスピーカー「LINE Wave」などにも搭載されているClovaが、イヤホンにコンパクトに入ってしまったというわけです。

流行りの「左右独立型」

 「MARS」は最近流行りの左右独立型。Bluetooth接続により分離型でケーブルレス。充電は持ち運び用ケースで行なえます。ちょうどSiriを呼び出せるAppleのAirPodsみたいな感じですね。

mars1

日英翻訳も可能!

 LINEが公開した動画内では、MARSを装着した日本の女性と英語圏の男性が、リアルタイムに日英相互翻訳を通じて会話する様子が映し出されています。まるでドラえもんのひみつ道具「翻訳こんにゃく」。

 GoogleはGoogle Assistantとリアルタイム翻訳機能搭載の「Pixel Buds」を発表済みですが、現時点ではまだ日本での発売予定は無し。連携に必要なPixelスマートフォンも投入なし。今ならMARSが食い込む余地はまだありそうですね。

まずは韓国市場から

 投入市場は韓国、発売予定は2018年初旬。日本市場での投入にも期待したいところです。