SONY α7,α6000シリーズなどに使えるRAVPower 互換バッテリー&チャージャー レビュー

_DSC9763-Edit 先日SONY α7Ⅱを購入したのですが、バッテリーの持ちの悪さにびっくりし、バッテリーを調べていたところ、RAVPowerの互換バッテリーとチャージャーがセールで2500円で販売していたので買ってみました。

内容物

_DSC9764-Edit バッテリーが2個、2個同時充電対応のチャージャー、microUSBケーブルと最小限です。

 届いた直後は充電が必要ですので、とりあえず充電。そして充電完了後、セットしてみると純正バッテリーのように残量もしっかりと表記され、途中で電源が落ちるということもなく安定して使えました。

Sponsored Links

オススメポイント

_DSC0158 純正バッテリーはカメラ経由で充電か別売のチャージャーを使うしかないです。しかも充電中はカメラは使えない上、別売りのチャージャーのBC-TRW1個ずつしか充電できない、しかも差し込みプラグ内蔵のためコンセントでしか充電できないのがネックでした。

 しかしRAVPowerのチャージャーは違います。2個同時で充電できる上、microUSBケーブルを使って充電するためバッテリーがなくなってもモバイルバッテリーを使えば鞄の中で充電できるので、バッテリーを気にせずガンガン撮影に集中できます。またチャージャー本体も分厚すぎることなく、薄く、軽くできているので持ち運びにもぴったりです。

気になるところ

左がRAVPower製、右が純正バッテリー(NP-FW50)

 純正バッテリーの容量は1030mAhですが、こちらのRAVPowerのバッテリーは1100mAhと70mAh多め。そしてチャージャーの充電器の出力が1個時は500mA2個充電時は400mAとなっていますが、純正の充電器の出力は400mAと出力が異なるので、このRAVPowerのチャージャーを使って純正バッテリーを充電するのは控えるのが良さそうです。

 値段も3000円以下とお手頃で入手できる上、コンパクトでmicroUSB充電に対応しているRAVPowerのチャージャーとても便利でした。NP-FW50シリーズ利用中でバッテリーに困っているユーザーの方、ぜひ購入してみはいかがでしょうか。

なお、NP-FW50バッテリー搭載のカメラはこちらで確認できます。