ノキアコミュニケーターよ再び!コスモコミュニケーターの機能・スペックまとめ

GeminiPDAの後継機

 時代錯誤の折り畳み端末GeminiPDAをリリースし、世界のモバイラーの魂を震わせたPlanet Computers。この機体はPsionの開発チームが再集結し、Android OSを搭載して現代に甦ったクラムシェル端末でした。

planet-geminipda

(筆者のGeminiPDA)

 PlanetはそのGeminiPDAの後継機となる「Cosmo Communicator」を発表しました。Indiegogoにて出資を募ります。最低出資は549ドルから。

Cosmo Communicator

 NokiaのCommunicatorシリーズと言えば、開けばPCのように使えるクラムシェル端末ながらも、閉じている時には通話が可能というものでした。

nokia-e90

(Nokia E90 Communicator)

 Planetは、この名機を彷彿とさせる「Cosmo Communicator」を発表。まさにド直球の製品名ですね。

cosmo

 GeminiPDAの良さを踏襲しつつ、折りたたみ時には通話や通知確認が可能。2インチサブディスプレイ、通話応答ボタン兼用指紋認証センサー、マイク、スピーカー、2400万画素カメラも搭載。

cosmo-camera

キーボードはバックライトつき

 ディスプレイは依然として6インチ。キーボードもGeminiPDAを概ね踏襲しているように見えますが、バックライト内蔵になったのは注目です。暗い場所でもしっかり使えそうです。「寝モバ」もいけそうです。

backlight-keyboard

スペック

 GeminiPDAはSoCはが非力だった印象ですが、CosmoはSoCにHelio P70を採用。これはMediaTekがQualcommのSnapdragon 670を競合として想定した製品であり、Snapdragon 660以上のパフォーマンスを持ちます。

OS Android 9 Pie
Sailfish OS
Debian
CPU MediaTek Helio P70
メモリ 6 GB
ストレージ 128 GB
ディスプレイ 5.99型FHD+ (2160×1080) 液晶
2型 (570×240) OLED
カメラ 24MP
インカメラ  5MP
 バッテリー 4220 mAh
寸法 171.4 x 79.3 x 1.6 mm, 320g
その他  Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
BT5.0, NFC, GPS+AGPS
USB Type C ×2
指紋認証
Sponsored Links

れっきとした王道PDA

vdbwixmlmewot8sgccf2

 CosmoはAndroid 9 Pieをプリインストール。さらにマルチブートオプションとしてSailfish OS、Debianもサポートするとしています。

 無線通信としてWi-Fi、Bluetooth、NFCに対応。4G LTEも選択可能となっています。重量320gの超コンパクトなモバイル端末としてよくまとまっています。スマホとPCの隙間を埋める本格派ニッチデバイスです。

GeminiPDAから進化した部分まとめ

planetcosmo

  • 天板にサブディスプレイ・指紋センサー・アウトカメラ
  • Helio X25からP70へと処理性能向上
  • 実行メモリ、4GBから6GBに
  • ストレージ容量、64GBから128GBに
  • NFC追加
  • キーボードにバックライト内蔵

 GeminiPDAでも十分満足のいく出来でしたが、「これで何でもやりたい、通話もしたい」などと考えてしまうのが昔ながらの面倒くさいモバイラーのサガ。そこで2台持ちに妥協できない人が、多少不便でも通話SIMを挿したりしてしまうんですよね。でもBluetoothヘッドセットで対応できない急な電話に困ったりするわけです。そんな人にはうってつけですね。

Sponsored Links

 また、Nokia Communicatorを懐かしく思った人や、単純にGeminiPDAの処理性能に不満という人にも買い替え候補となりそうです。

出荷日

 製品発送は2019年5月予定。