いざ運試し!お得すぎるPayPayで今年最後の運試しをしました。

スクリーンショット 2018-12-05 2.07.19

 今ネットで話題のPayPay 20%キャッシュバック。12月4日より100億円を使った20%キャッシュバックキャンペーンが開始され、たくさんのガジェットを購入するファンとしては見過せない一大イベントに参加(?)してきました。

PayPayとは

スクリーンショット 2018-12-05 2.08.18

 PayPayはキャッシュレスを普及させるためにソフトバンクとYahoo! Japanによって設立された会社です。現在QRコード決済に対応しており、利用者はカメラがついているiOS、AndroidデバイスならOK、店舗側もQRコードを用意するだけでOKと両者ともに低コストでキャッシュレスな決済を利用できることで今日本でも注目がある決済手段です。

 12月4日より利用した金額の20%をキャッシュバックする(月に5万円まで還元)というキャンペーンを開催しており、さらにソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら10回に1回の確率でその会計分全額無料(最大10万円まで、PayPayボーナスとして翌月還元)という、特に欲しいものがなくてもなにか買わなきゃ!と購入意欲が湧いてしまうキャンペーン。

 ただ、昔ADSL時代にモデムをばらまいたように、キャッシュレス時代の覇権を取るために100億円をばらまくという暴挙とも取られないキャンペーンに、開始前は疑惑の目も向けられていました。(ソフトバンクのことだし何か裏があるのでは、10回に1回って書いてても実際はもっと低いのでは?などなど)

Sponsored Links

 しかし蓋を開けてみれば10万円キャッシュバックされた!つまり全額無料に当選する人が続出。ううむ、これは乗り遅れるわけにはいかないと思い、前々から欲しかった”アレ”を買うことに決めました。

実際にどれくらいお得なのか

 今回はビックカメラでDJI Phantom 4 Pro V2.0を買うことにしました。価格は22万4380円とかなり高価な価格。筆者自身も今年はMacBook Proも買ったこともありもうちょっと先に購入しようと思っていた製品。

 しかし、PayPayのキャンペーンで20%キャッシュバックされる場合、4万4876円分のPayPay残高が帰ってきます。更にビックカメラはクレジット、電子決済の場合は8%のポイントがつきます。この8%はキャッシュバックされる前の価格にかかってくるので1万7950円分のポイント。コレにジョルダンの乗換案内で提供されている3%プラスのクーポンを追加すると計11%、つまり2万4682円分のポイントを得ることができます。

 そして更に筆者は連携させた楽天カードで払ったので金額の1%が楽天ポイントとして翌月に付与されます。キャッシュバックとビックカメラ、楽天ポイント合わせると7万1801円分が帰ってくることになります。最初の22万4380円から引くと実質15万2579円で購入できたことに。PayPay最高!!

ビックカメラで決済

IMG_0534
 ということでビックカメラで早速購入しました。購入した時間帯がちょうど帰宅ラッシュ時だったこともあり、決済まで4分程度かかるというキャッシュレスで速くなるとは何なのかと感じることもありましたが、キャッシュバックのためやむを得ず……。店員さんも「昼も遅いことあったんですよね、PayPay今日利用している人めっちゃ多いです!」など他愛のない話をしている間に決済画面が表示されました。

 決済画面をキャプチャーし忘れたのですが、ビックカメラは店頭に用意されたQRコードをユーザーが読み込んで金額を入力する方式。ユーザーが安く入力するのでは?と筆者は危惧していましたが、ビックカメラではQRコードを読み込んだあとにカウンターにスマホをおいて店員さんと一緒に金額を確認して支払う仕組みのようです。

 支払いに成功するとスマホからPayPay!とサウンドが流れます。これはマナーモードやBluetoothヘッドホンを接続していようと関係ないようです。個人的にはちょっとかわいいのでQUICPayより好きです。

Sponsored Links

 その後支払い完了すると画面に抽選結果が表示されます。今回は残念ながら全額無料にはならず、20%還元という結果に。今月はこれによりひと月の還元額5万円に近い額なので来月また何かしらを購入して新年の運試しと行きたいところです。