OPPOより一歩先?シャオミも画面下カメラ技術。 すまほん!!

 先日、中国メーカーOPPOが画面下カメラ技術を初披露しましたが、同じく中国メーカーのXiaomiもこれに対抗、画面下カメラ技術を披露しています。

 ノッチありの機種と同様に、顔認識でロック画面を解錠していることがわかります。セルフィー云々より、ロック解除が一番利用頻度が高いですから、この部分の精度や速度に問題がないのは嬉しいですね。

 画面下カメラにて自撮りを行うシーンも出てきていますが、特に色合いがおかしいといったこともありません。

 昨日のOPPOの試作機ではまだまだインカメラ画質が未完成でしたので、「やはりOLEDディスプレイを通す分だけ光学的に不利にならざるを得ず、カメラ画質は劣るのか」といったところでしたが、今回のXiaomiのデモを見る限り、技術的に克服可能な範囲なのかもしれません。

 Xiaomiは高透過率の特殊な低反射ガラスを使用。この部分がカメラレンズを兼ねる構造になっているようです。さらにソフトウェア補正のチューニングを追い込むことで問題をかなり解消しているものと思われます。

Sponsored Links

 Xiaomiは画面下カメラについて、完璧なセルフィー、パンチホールノッチよりも鮮明だと主張しています。OPPOやXiaomiがバチバチと激しい戦いを繰り広げることでより良い製品が出てくるのが楽しみですね。実際に画面下カメラ技術を採用した製品の登場に期待しましょう。