噂:彼が言うなら間違いない。2020年のiPhoneはXRライン含め5G対応 すまほん!!

 TF Securitiesアナリスト(天風証券分析師)のMing-Chi Kuo(郭明)氏は、最新のレポートにて、2020年のiPhoneが3モデルとも5G対応すると報告しました。9to5Macが伝えています。

 それによると、2020年のiPhoneは6.7インチ、5.4インチ、6.1インチの3種類。その全てが有機ELを採用するとのこと。

(2020年のiPhone 出典:Ben Geskin

Sponsored Links

 Kuo氏は、以前のレポートでは、2020年のiPhoneは5G対応モデルは2種類のみとなり、XRラインの機体は5G非対応と報告していました。これが最新のレポートでは、XRラインの機体含めて5G対応へと変わっているのがポイント。

 なぜそのように変化したのか?これはAppleによるIntelのモデム事業買収により、リソースに余裕が出るためとのこと。

 また、2020年後半には350ドルのAndroidデバイスにも5G対応のものが登場、激しい競争に晒されることから、XRのような安モデルにも5G対応は必須となると見ているようです。また、キャリアの補助金を得るために5Gが必要との判断があるかもしれないと9to5Macは見ています。

 5G対応のiPhoneはミリ波帯と6GHz以下(sub6)の両方の帯域をサポートするとのこと。一方で、sub6のみサポートする中国市場向けモデルも開発中であるとしています。優先はあくまで世界共通モデルであり、中国市場専用モデルが無事に準備できるかどうかは不明とのこと。

 Ming-Chi Kuo氏はサプライチェーン筋などに独自の情報源を多数有し、極めて高い精度でAppleの次期製品の展開を的中させ続けている、リーク界隈では「預言者」とでも言うべき特A級の信頼度を持つ人物。今回のKuo氏のレポートによって、2020年のiPhoneの3モデルが5G対応というのは、非常に確度の高い情報になったと言えるでしょう。