iPhone SE 2、2020年初頭に部品生産開始。4.7型ディスプレイ、Kuo氏伝える すまほん!!

 TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、投資家向けレポートを発表。iPhone SE 2について再び触れました。

 それによると、iPhone SE 2の無線性能を向上させるため液晶ポリマーLCPによるアンテナを採用。2020年初頭に‌供給を開始するとのこと。

 Kuo氏によれば、iPhone SE 2のデザインは、iPhone 8と同様で、4.7インチディスプレイとTouch IDホームボタンを含み、A13 Bionicチップと実行3GBメモリを搭載するといいます。

 iPhone SEは、iPhone 5/5sのような小さなサイズでしたが、もう少し大きなサイズとなりそうです。

 ストレージは64GBと128GBの2種類。カラーはスペースグレー、シルバー、レッドとのこと。3D Touch非対応のようです。

 Kuo氏はこのデバイスは価格399ドルからになると予測しています。