プレステ5、2020年末発売!コントローラーが進化 すまほん!!

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、次世代家庭用ゲーム機の名称を「PlayStation 5(PS5)」であることを正式発表しました。発売日は2020年の年末商戦期。

 PS5は、CPUにAMD Ryzen、GPUにAMD Navi、それぞれのカスタム版を搭載する次世代ゲーム機です。

 SIEのブログによれば、PS5の革新的な点として、コントローラーが挙げられています。進化点は2つ。

 1つ目は、従来のDUALSHOCKの振動機能を刷新し、ハプティック技術を採用。レース中に車が壁にぶつかる感覚やから、フットボールでタックルする時の感覚、草原を駆け抜ける感覚や泥を這う感覚まで再現するといいます。

Sponsored Links

 2つ目は、アダプティブトリガーと呼ばれるL2・R2ボタン。開発者は、プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムすることが可能に。ハプティック技術との組み合わせにより、弓を引き絞る感覚や、岩場の地形でオフロードの車を加速させる時の感覚が味わえるとのこと。

 このほか、SIE幹部がWiredに語るところによれば、高速なSSDや、レイトレーシングをアクセラレーション可能なGPU、「ゲームを起動前にフレンドのアクティビティがわかる次世代UI」を採用します。