ソニー、中国スマホ市場「放棄せず」 すまほん!!

 中国メディアMyDriversが報じたところによると、ソニーモバイル事業部のトップがメディアのインタビューで、モバイル事業を放棄せず、中国市場を離れず、5G時代の市場で勝つための競争力のある製品を投入すると述べたとのこと。

 以前行われた中国市場での調整は、人的リソース、技術、販売チャネル、インフラの面で、ソニーのエレキ部門が協力するための統合であったと述べ、ソニーの「黒技術」と技術的優位性と連携して革新を続け、カメラ、ビデオ、ゲームの分野で顧客基盤をさらに拡大し、卓越したプロの機能とエンターテイメント体験を備えた製品をより多く提供するといいます。

(中国の情報サイトcool3cが報じた、有線のHDMIでカメラのモニターとして使用するソリューション。Xperia 1とXperia 5がアップデートで対応予定とのこと)

 ソニーモバイルは、日本とヨーロッパにフォーカスし、2020年度までにオペレーション費用を50%削減し、各国市場から撤退する計画を発表しています。

 しかし2019年3月20日以降、ソニーは北京工場を閉鎖しましたが、中国市場から撤退せず、中国でのスマートフォンデバイスの販売とマーケティング活動を継続、包括的なサービスサポートを提供。Xperia 5も中国市場で発表しています。