進化する翻訳機「KAZUNA eTalk5」。アプリも登場へ すまほん!!

 TAKUMI JAPAN株式会社は、東京都内にて記者発表会「KAZUNA World 2020 Jan」を開催しました。

 TAKUMI JAPANのポータブル翻訳機「KAZUNA eTalk5」。様々な法人や自治体に導入実績があります。JALや江戸川区役所など。

Sponsored Link

 機能が増えると新機種になるパターンが多いですが、あくまでKAZUNA eTalkはAndroid OSがベースであり、ハードウェアを変えずにアップデートで進化させてきました。QRコード決済機能や、ロゼッタと提携した契約書翻訳可能な「撮って翻訳Biz」など。

 そこで今回、「確認翻訳」機能を無償アップデートで追加。翻訳された言語が正しく約されているかわからないから確認したいというニーズは、ツイッターやメールで数多く寄せられており、ニーズの高い機能だといいます。

 また、有料アップデートで対応言語を追加。「しゃべって翻訳」は73言語から112言語に。撮って翻訳(OCR翻訳)は8言語だったのがなんと55言語に大幅増加。2020年2月よりKAZUNA eSHOPにて4980円にて提供開始。

 さらにモバイル版アプリ「KAZUNA eTalk App for Android&iOS」を提供。

Sponsored Link

 インバウンド需要で翻訳機の需要は高まっているものの、業態によっては短期の場合は翻訳機導入コストの負担が高くなりますが、スマホを翻訳機として利用可能に。eTalk5の機能そのまま、利用期間3ヶ月から選べるので低価格であるとします。これで、増田社長が「以前やっていた、とある携帯メーカー」の頃にも言っていたフレーズである「2台持ちは不要」を実現できるといいます。

2020年4月21日10時55分追記:

 「KAZUNA eTalk5 APP for Android」、KAZUNA eSHOPでの直接販売を開始(Google Play版は5月、iOSは今夏)。

 料金設定は期間に応じて。1端末1ライセンス。本アプリの発売を記念したキャンペーン価格。

  • 1 カ月版 定価 1,980 円(税別) →キャンペーン価格 980 円(税別)
  • 3 カ月版 定価 3,980 円(税別) →キャンペーン価格 1,980 円(税別)
  • 12 カ月版 定価 9,980 円(税別) →キャンペーン価格 4,980 円(税別)