スマホで注文、並ばず食える!マクドナルドのモバイルオーダーを早速使ってみました すまほん!!

 2020年1月28日より、マクドナルドが全国の対応店舗にてモバイルオーダーのサービスを開始しました。

 モバイルオーダーはスマホから注文し決済まで完了し、店舗で受け取るだけ!というシステム。海外では数年前に始まり、日本でも一部都道府県で試験運用していましたが、ついに全国展開が始まりました。今回は試しに神保町のマクドナルドで試してみました。

使い方

 まず初めに受け取る店舗を選択します。GPSを元に近くの店舗を表示してくれます。今回は神保町店を選択。そしてご存知の通り、マクドナルドはメニューは時間帯によって変わります。今回訪れたときはレギュラーメニューのみだったのでレギュラーメニューを選択。朝マックも対応しているので、忙しい朝でも通勤中に注文できちゃいますね。


 あとは注文したいメニューをひたすら追加していくだけです。

 ログインしていると、マクドナルドのクーポンアプリに掲載されているクーポンも利用できるので、少しお得に購入できます。

Sponsored Link

 購入したい商品を選んだら注文を決定します。

 あとは店舗に到着したら到着ボタンをタップ。これで、店舗に注文が送信されます。

 送信されると、決済方法が表示されます。クレジットカードかLINE Payが選択可能です。今回はクレジットカードで決済しました。

 決済が完了するとこのような番号が表示されます。

 店内にあるディスプレイに同じ番号が表示されるので、呼び出しされたら受け取って完了です。

Sponsored Link

メリット

 メニューに悩む人、家族、注文が少ない人には助かるシステムかなと思います。スマホからしっかりメニューを見て選ぶことができるので、家で何が食べたいかじっくり選べますし、後ろに並んでいる人を気にすることなく満足するまでメニューを見れます。

 家族なら、注文で時間がかかってしまったり、列に並んでいるとぐずってしまうお子さんもいると思います。これなら手間なく簡単に買えるので、ササッと注文して帰る・店内で食べることができます。

 また、混んでる店内などでドリンクひとつだけ注文したいという人にもオススメ。列に並ぶことなく、ドリンクのみなので、素早く提供されます。

 そして品切れの場合はメニューが選択できないようになっているので、行ってから新商品が品切れと知ることもないです。

デメリット

 店舗やチラシで配布している紙のクーポンは利用できません。またピクルス抜きや氷抜きなどの細かいオーダーには非対応です。また楽天ポイントやdポイントを貯めることもできないので、少し損をしてしまいます。

感想

 とても良いです。アプリの使い方はシンプルで誰でも使いやすいと思います。アプリ内で決済も完了するので、本当に店舗に行って受け取るだけ、と楽なのが良いです。モバイルオーダーはいろんな人にメリットが多いので、スマホで注文・決済して受け取るだけという流れは多くの飲食店にもっと進んで欲しいですね。

Sponsored Link

 マクドナルドは一時期、タッチパネルでユーザに注文してもらい、決済まで完了させる無人POSが海外で展開され、日本にも試験導入していました。しかし当時のマクドナルドは決済方法がiD、Edy、WAONのみということも有り、使われることなく短期間で終了してしまいました。短期間で終了してしまってはキャッシュレスの時代に逆行しているのでは?と感じていましたが、モバイルオーダーを利用してみて納得しました。これならそもそも店舗にPOSシステムが不要です。

 従来ではPOS台数に対して捌けるお客の人数が縛られ、1分間に3台のPOSで3人のお客しか捌けなかったのが、モバイルオーダーを導入することにより1分間で10人、それ以上が可能になりました。これにより厨房に人を配置してより早く提供することも可能でしょう。

 マクドナルドはキャッシュレス決済において日本で主流の非接触決済にはほぼ対応している上にNFC決済も全店舗で導入済。やはりこれからの時代はシステムにも投資をする会社が生き残っていくのでしょうか。世界の飲食業界最大手を行くマクドナルドは流石です。

おまけ

 僕がマクドナルドで気にいっているメニューはダブルチーズバーガーのケチャップ抜きオニオン・ピクルス・マスタード多め。オニオンとピクルスのシャキっとした食感の後に牛肉のパティの味、そしてチーズの味がガツンとくるので、まるであのクォーターパウンダーを彷彿させる味です。私はこれが好きです。