いつでもどこでもタイピング。サムスンが「キーレスキーボード」発表 すまほん!!

 Samsungは、CES 2020において、キーレスキーボード「SelfieType」を発表しました。これはSamsungの社内向けのインキュベーションプログラム「C-Lab Inside」から生まれたもの。

 「SelfieType」は、スマートフォンなどのインカメラを用いた仮想キーボードです。SelfieType AIエンジンは、インカメラから指の動きを分析し、その指の動きをQWERTYキーボード入力に変換します。

 プロジェクター式キーボードと似ています。Bluetooth接続するタイプや、Android搭載のXperia Touchなど。しかしこれらは持ち運びや充電の手間が増えます。

(Xperia Touch G1109)

 しかしSelfieTypeは、画像投影こそされないものの、それゆえに追加のハードウェアを必要とせず、スマートフォン、タブレット、ノートPCなどのさまざまなモバイルデバイスに対応可能。稼働する様子は以下の通り。

Sponsored Links

 上の動画のように快適にタイピングすることが可能かどうかは定かではありませんが、動画内に出てきているスマートフォンやタブレットがGalaxy S10 5GやGalaxy Tab S6、Galaxy Foldなど、既に発売され一般的になっている製品であることを考えると、将来的にOne UIに取り込まれる可能性もあると考えられます。

このGalaxy Foldの使い方、アツいですね

 果たして、この技術によって将来的にモバイルのタイピング効率が向上するのでしょうか。楽しみです。