クアルコム、ミッド5G向け「スナドラ768G」正式発表!採用初号機は「Redmi K30 5G 极速版」 すまほん!!

 米半導体メーカーQualcommは、新しい5G通信対応SoCであるSnapdragon 768Gを発表しました。

 Snapdragon 768Gの構成は、Kryo 475 CPUとAdreno 620 GPU。これはミッドレンジSoCであるSnapdragon 765Gと変わらず。

 しかし最大CPUクロックが2.4GHzから2.8GHzに改善。GPUパフォーマンスが15%向上。微強化モデルとなります。

 Snapdragon X52 5Gモデムや第5世代AIエンジンも引き続き搭載します。5G対応のミッドレンジスマートフォンに採用される見通し。

 Xiaomiは本日、サブブランドRedmiから「Redmi K30 5G 极速版」を発表。

Sponsored Link

 カメラは前面2個+背面4個、20:9比率の120Hzディスプレイや30W急速充電に対応するなど、従来のRedmi K30とほとんど変わらないながらも、SoCに早速Snapdragon 768Gを採用したモデルとなります。

 価格は6GB+128GBで1999人民元(約3万円)。現在、中国市場にて予約受付中で、5月14日以降発売予定。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP