絵師必見、プロ御用達「クリスタ」Android版がGalaxy限定で配信開始! すまほん!!

 Android端末の中ではGalaxyシリーズ限定となる「CLIP STUDIO PAINT for Galaxy」の提供が8月21日から開始されました。CLIP STUDIO PAINTは、CELSYSが提供するイラストのペイントアプリで、iPad版をはじめとする様々なデバイスで提供されている、人気の高いアプリです。

 このアプリはその高機能性と使い勝手の良さからイラストレーターさんなど、絵を描くことを生業としている方たちの間でも広く使われており、モバイル向けではiOS / iPad OS向けにのみ配信されていたアプリでした。通称「クリスタ」として、絵を描くことになじみのない筆者でもその名前を知っているような、なかなかメジャーなアプリです。Android版には配信されておらず、その配信を待ち望む声も数多く上がっていました。

 CLIP STUDIO PAINTのAndroid版が提供されることが発表されたのはGalaxy Unpackedで、そこで発表されたGalaxy Tab S7シリーズにプリインストールされて出荷されることがアナウンスされました。しかし、このCLIP STUDIO PAINTは、Galaxy Tab S7シリーズ限定ではなく、そこそこ新しい、スペック等の要件を満たしたGalaxy端末ならどの端末でもインストールすることができます。

 国内向けに発売されている端末では、Galaxy Sシリーズ(Galaxy S8以降)、Galaxy Noteシリーズ(Galaxy Note8以降)、Galaxy A30、A41、Galaxy Fold、Galaxy Z Flipが推奨端末として挙げられており、Android 9以降かつ最低3GBの実行メモリがあることが動作要件となっています。Sペンに非対応の端末(Noteシリーズ以外)では、うまく書きにくいかもしれませんが、ワコムのペンタブレット「Wacom Intuos」や液晶ペンタブレット「Wacom One」を外部接続して利用することも可能。

Sponsored Link

 また、「CLIP STUDIO PAINT for Galaxy」は、片手入力デバイス「CLIP STUDIO TABMATE」に対応しています。iPad版では使用できないため、これはメリットと言えそうです。

 Sペンを使って書くことで、4096段階の筆圧検知に対応します。iPad版にもある機能ですが、Sペンと指でそれぞれ異なった操作を割り当てることも可能。また、Galaxyならではの機能として、エアアクション機能に対応。画面をタッチすることなく、ジェスチャーでペイントツールを切り替えることが可能となっています。(おそらく、このエアアクション機能はGalaxy Note10以降のNoteシリーズ、Galaxy Tab S7以降のTabシリーズでのみ利用可能です。)

 注意点として、CLIP STUDIO PAINTでSペンの筆圧検知機能を使う場合、DeXモードでアプリを使う場合には、スマートフォンプラン以外での申し込みが必要となります。

 筆者も、手元にある「Galaxy Tab S6 Lite」で早速インストールしてみました。正直なところ、筆者はCLIP STUDIO PAINTを使ったことがないので、使い勝手に慣れていない部分はあるのですが、今後機会があれば使用して、慣れていきたいと思います。

 「CLIP STUDIO PAINT for Galaxy」はGalaxy端末向けのアプリストア「Galaxy Store」からダウンロードできます。6ヶ月間は無料で試用できるので、一度試してみるのはいかがでしょうか。「CLIP STUDIO PAINT for Galaxy」を使うのにオススメなGalaxy Tabのレビューも合わせてお読みください。