大人気ゲーム「Fortnite」が削除!Epic GamesはApple/Googleと全面戦争に突入! すまほん!!

 AppleとGoogleは、アプリストア「App Store / Google Play」上から、Epic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」を削除しました。既にインストール済みのユーザーは、少なくとも現時点ではまだプレイが可能。

 争点は、両社がストア上のアプリの課金に対し、手数料30%を徴収していること。

 Fortniteは、課金手段において、ストア経由とEpic Gamesに直接の2種類を選択可能にしました。これが両社のストア規約違反となり削除された形。

 まずはAppleがApp Sotre上でリジェクト。これに対して、FortniteはAppleの有名な「1984」コマーシャルのパロディ動画を公開。#FreeFortnite なるハッシュタグを作り、戦いへの支持を呼びかけています。

 支配者IBMを打倒するAppleの構図だったCMが逆転、独占するAppleが打倒される側に転じています。

Sponsored Link

 続いてGoogle Play Storeでもリジェクト。これを受けてEpic Gamesは、AppleとGoogleを独占禁止法違反で提訴。全面的な対決へと突入しました。

 Epic Gamesは元々こうしたストアでの30%中抜きを批判してきました。Google PlayでFortniteの配信が始まったのも3ヶ月前のこと。短い期間でしたね。

 Fortniteは、PUBG以来ヒットしているバトルロワイヤル系ゲームの中でも、クラフト要素を付加した独自のゲーム性を有するタイトル。無料ゲーム世界上位の売上を誇ります。ちなみにEpic Gamesの大株主は中国の巨大ゲーム企業Tencentです。

 iPhoneユーザーはFortniteをダウンロードできません。Androidユーザーは、引き続きEpic Games公式サイトもしくはSamsung Galaxy Storeからダウンロードが可能。何なら本作はPC/PS4/Nintendo Switchでも遊べてクロスプレイにも対応しているので、インストールできないのはストア外アプリインストールの厳しく制限されたiOS端末だけです。

(YouTube上の該当動画は、YouTube急上昇ランキング上位となっています)