Galaxyシリーズの3世代に渡るAndroid OSサポート対象機種が正式発表 すまほん!!

 Samsungは、以前からアナウンスされていた、3世代にわたるAndroid OSバージョンアップのサポートに関して詳細な情報を公開しました。

 今回の情報では、3世代に渡ってAndroid OSのアップデートを保証する対象機種が発表されました。

対象デバイス

 対象となるデバイスは、以下の通りです。(太字は日本向けに発売されているデバイス)

Sponsored Link

Galaxy Sシリーズ

・Galaxy S20シリーズ(S20 Ultra 5GS20+ 5GS20 5GとそれらのLTEモデル)

・Galaxy S10シリーズ(S10 5G、S10+S10、S10e、S10 Lite)

・今後発売されるSシリーズデバイス

Galaxy Noteシリーズ

・Galaxy Note20シリーズ(Note20 Ultra 5G、Note20 5GとそれらのLTEモデル)

・Galaxy Note10シリーズ(Note10+、Note10、Note10 Liteとそれらの5Gモデル)

・今後発売されるNoteシリーズデバイス

フォルダブルデバイス

・Galaxy Z Fold2、Galaxy Z FlipGalaxy Foldとそれらの5Gモデル

・今後発売されるフォルダブルデバイス

Galaxy Aシリーズ

・Galaxy A71 5G、Galaxy A51 5G、Galaxy A90 5GとそれらのLTEモデル

・今後発売される一部のAシリーズデバイス

Tabシリーズ

・Galaxy Tab S7シリーズ(Tab S7+、Tab S7とそれらの5Gモデル)

・Galaxy Tab S6シリーズ(Tab S6 、Tab S6 Liteとそれらの5Gモデル)

・今後発売されるTabシリーズデバイス

Sponsored Link

まとめ

 公式発表から、現時点では日本向けに発売されているデバイスでは、Galaxy S10シリーズ、Galaxy S20シリーズ、Galaxy Note10+Galaxy Z FlipGalaxy Foldが対象機種となります。残念ながら、直近に国内向けに発売されたAシリーズデバイスであるGalaxy A41はサポート対象外となっています。また、Samsungの公式発表では、これらのデバイスのうちGalaxy S20シリーズを、Android 11が利用可能となる最初のデバイスとしています。

 日本国内では携帯キャリアを通じて販売されており、グローバル市場・オープンマーケット向けにAndroidのソフトウェアアップデートやセキュリティーパッチが配信されているからといって、必ずアップデートが配信されるとは限らない点に注意が必要です。